ここから本文です

“自分の肌に合う化粧水”の選び方は? 声優・蒼井翔太、友利新医師のアドバイスに「本当にためになる!」

7/17(水) 18:14配信

TOKYO FM+

声優・アーティスト・俳優として幅広く活躍中の蒼井翔太。7月10日(水)放送のレギュラーラジオ番組「蒼井翔太 Hungry night」では、先週に引き続き内科・皮膚科医の友利新(ともり・あらた)先生が登場。リスナーの“美の悩み”にアドバイスを送りました。

【写真を見る】パーソナリティの蒼井翔太

蒼井翔太が、性別不明の美の伝道師・大原サラ局長に扮し、リスナーとビューティー情報を共有していく「デイリーラボリック」のコーナー。この日の放送では、先週に引き続き、友利新先生と大原サラがリスナーのお悩みに答えしました。

◆肌に一番いい成分は…!?

【相談その1】
「『日焼けしたらトマトを食べましょう』とテレビで言っていました。半信半疑ながらも毎日1個食べていますが、一向に改善が見られません。手遅れでしょうか?」

大原サラ(蒼井翔太):改善が見られないのは、何か原因があるのかしら?

友利先生:なぜトマトがいいかというと、抗酸化作用があるリコピンが含まれているからですね。リコピンにはビタミンCがたくさん入っていて、体の“サビつき”を抑えてくれます。“トマトを食べると日焼けにいい”というのは間違っていません。でも、即効性はない。(継続が必要な)筋トレみたいなものですね。

大原サラ(蒼井翔太):毎日のスキンケアと一緒ですね。

友利先生:そうそう。美味しいと思うなら、続けていいと思うんですよ。でも、そのほかに摂ってもらいたい成分があります。

大原サラ:一番知りたいことですね!

友利先生:お肌に一番いいのは、“ビタミンA・C・E(エース)”と呼ばれる成分。ベータカロチンとも呼ばれるビタミンAだとウナギやニンジン。ビタミンCは、レモンをはじめ、どんな果物にも入っています。ビタミンEは、血液の循環を良くしたり、皮膚にハリを与えたりします。これは、アーモンドやアボカドですね。

大原サラ(蒼井翔太):なるほど!

友利先生:逆に、摂らないほうがいいのは、甘いもの。おやつの時間に少し摂るぶんにはいいのですが、寝る前や起きてすぐの血糖値がバーンと上がるときに食べてしまうと、キャラメルが茶色くなるように、お肌がくすんでしまいます。

大原サラ(蒼井翔太):私の知り合いの蒼井翔太さんが、バレンタインにたくさんチョコレートをいただくのですが、5年ほど前、ダンボール3つ分のチョコを1ヵ月で食べたそうなんです。いま思い出して“恐ろしい~!”と思っているみたいです(笑)。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 18:14
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事