ここから本文です

昨年Vセバストバ 逆転で初戦突破、3時間越えの死闘制す<女子テニス>

7/17(水) 20:22配信

tennis365.net

BRDブカレスト・オープン

女子テニスのBRDブカレスト・オープン(ルーマニア/ブカレスト、レッドクレー、 インターナショナル)は15日、シングルス1回戦が行われ、第1シードのA・セバストバ(ラトビア)が世界ランク127位のA・ボグダン(ルーマニア)を5-7, 7-6 (7-4), 7-5の逆転で下し、初戦突破を果たした。

【セバストバ 2年越しのV】

昨年の同大会覇者であるセバストバは6本のエースを決めるなどし、ファーストサービスが入ったときに67パーセントの確率でポイントを獲得する。ボグダンから13度のブレークポイントをセーブすると、6度のブレークに成功。3時間3分の死闘を逆転で制した。

女子プロテニス協会WTAの公式サイトには、セバストバのコメントが掲載されている。

「2年前のここで彼女(ボグダン)に負けていて、それもとても短い試合だった。彼女はクレーで素晴らしいプレーをする選手だし、今日の試合はタフなものになるとわかっていた。とても厳しい1回戦だった」

「私はウィンブルドンで1回しか勝てなかったから、サーフェスの変化に準備する時間が十分にあった。でもクレーでの初戦はいつも違うもの。戦い切る時間が必要になる」

2回戦ではPM・ティグ(ルーマニア)とベスト8進出をかけて対戦する。ティグは1回戦で、世界ランク193位のA・ボンダ―(ハンガリー)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の1回戦では、第3シードのV・クデルメトバ(ロシア)、第8シードのK・プリスコバらも2回戦へ駒を進めた。

最終更新:7/17(水) 20:22
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事