ここから本文です

「お前は離婚家庭の子どもだからダメなんだ」 担任の先生の言葉で、僕は不登校になった。

7/17(水) 18:10配信

BuzzFeed Japan

学校や先生からの嫌がらせ「スクールハラスメント」に対応する相談窓口などを設置すべきだというオンライン署名の活動が始まっている。【BuzzFeed Japan/伊吹早織】

中学生の頃、担任の教師に「お前は離婚家庭の子どもだからダメなんだ」と罵られて不登校になったという男性が7月17日、文部科学省や東京都に対し、「スクールハラスメント」の相談窓口の設置を求める署名を立ち上げた。

男性は「特に私立の学校は自主性が強く、相談しても実効性のある指導をしてくれる窓口がなかった。僕と同じように『スクールハラスメント』に苦しんでいる人が、仕方なく泣き寝入りさせられてしまうことは、あってはならない」と訴えている。

「お前は離婚家庭の子どもだから」

署名を始めたのは、都内にある私立の中高一貫校に通っていた佐藤悠司さん(19)。

佐藤さんは中学2年生の冬、所属していた美術部を退部したいと部の顧問で、クラスの担任だった男性教諭に伝えたところ、「お前は離婚家庭の子どもだからダメなんだ!」などと20分以上罵られたという。

「小学校低学年のときに両親が離婚して以来、それを理由に学校でいじめられたり、友達の輪から外されるのが怖くて、離婚家庭であることを知られるのがずっと恐怖でした」と佐藤さんは語る。

この出来事をきっかけに中3の春から不登校になり、引きこもり状態となった。2014年8月にはメンタルクリニックへの通院を始め、睡眠障害などの症状で現在も通院しているという。

また、教員によるハラスメントが原因で不登校になったにもかかわらず、学校側が欠席日数が長期化したことを理由に、留年や転校を勧めたと主張している。

一方、学校側はBuzzFeed Newsの取材に対して、「事実認識に大きな齟齬があり、ハラスメントはなかったと評価している」とコメント。

「弁護士の協力を得て、関連資料の調査や担当教員へのヒアリングを実施したところ、佐藤さんが主張されているような先生から生徒に対するパワーハラスメントと評価される指導はなかったと判断している。今後の対応については、検討中」と話した。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 18:10
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事