ここから本文です

県内各地に現れる「レア鬼」を探せ 新聞社がスマホ用ゲームアプリを開発 岡山

7/17(水) 19:13配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山県の魅力を県内外に知ってもらおうと、岡山にちなんだ鬼を退治するゲームアプリが配信されました。

 晴れの国をモチーフにした小鬼に、ジャージー牛の鬼など、プレーヤーが桃太郎の代わりになって各地に散らばった鬼を封印するゲーム、「桃太郎外伝 鬼詣(おにもうで)岡山見聞録」が17日に配信されました。

 ゲームでは、鬼を封印するともらえるきびだんごを集めると、実際に岡山の名産品などと交換することができます。

(記者)
「ゲームでは特定の場所でしか封印できない鬼もいます。ここ吉備津神社では鳴釜神が登場します」

 鬼は全部で112体。岡山県内に73カ所ある「鬼の砦」ではレアな鬼が出現します。鬼を見つけるとバトルが始まり、表示された漢字と同じ漢字を選択することでダメージを与えることができます。

(岡山市からー)
「かわいい。かわいくておしゃれです」
「面白そうな所は行ってみて、知るきっかけになるかもしれません」

 全ての機能を無料で使うことができ、鬼退治に失敗しても何度でも挑戦することができます。

 アプリを作った山陽新聞では10万ダウンロードを目指していて、昨年は、西日本豪雨で約2割落ち込んだ観光客の誘致にもつなげていきたいとしています。

(山陽新聞 広告部/平井智之 部長)
「夏休みを迎えますので、今年の夏は鬼詣で岡山巡りを楽しんでください」

最終更新:7/17(水) 20:51
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事