ここから本文です

脱マンネリ!毎日「ユニクロのTシャツ」でも手抜きに見せない6つの方法

7/17(水) 16:05配信

magacol

憂鬱な梅雨も、あと少しで終わりそうですね!梅雨が明けたら今度は夏本番。夏でもオシャレしたい気持ちは山々ですが、日本の夏って異様にジメジメしていませんか?凝ったデザインの服なんて、猛暑の日には着ていられないのが正直なところ…。そんな私たちがハッピーに夏を過ごすためには、涼しくて動きやすいTシャツが欠かせないのです。毎日着るから量が必要だし、繰り返し洗濯したいからプチプラなユニクロのTシャツが本当に頼りになります!今日はそんなユニクロのTシャツを使って、おしゃれにコーデするコツを6つご紹介します。手抜きに見せないどころか、「今日のコーデかわいいね」って褒められちゃうかも…♪

その1:キレイ色とコーデする

黒はクールな印象になるので、バランスをとるためにキレイ色を配色。コントラストの強い黒とグリーンを、ベージュのベストで中和しました。黒をきつく見せないマイルール。

Tシャツ¥1,000(Uniqlo U/UNIQLO)、ベスト¥ 25,000 (パブリックトウキョウ / パブリックトウキョウ ウィメンズ 新宿店)パンツ¥ 22,000(BED&BREAKFAST/GREEDInternationalTokyoStore )キャップ¥990(GU)ピアス¥ 4,500 (DRWCYS)バッグ¥16,000 (ADINA MUSE/ADINA MUSE SHIBUYA) Gianvito Rossiのサンダル(スタイリスト私物)

その2:アニマル柄を取り入れる

旬のアニマル柄をカジュアルに着こなしたい時に優秀な黒T。キレイめな印象は崩さず、程よい抜け感になります。落ち着いた印象にならないように足元はカラフルに。

Tシャツ・着回し、スカート¥ 22,000(ルーニィ)パー ルネックレス¥1,600(アネモネ/サンポークリエイト) ロングネックレス¥34,000(ココシュニック)VIOLAd’OROのバッグ、Gianvito Rossiのサンダル(ともにスタイリスト私物)

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 16:05
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事