ここから本文です

“風”と“匂い”がスゴい! TDSの新アトラクション「ソアリン」に乗ってきた

7/17(水) 19:40配信

クランクイン!

 東京ディズニーシーに新規大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」が7月23日(火)にオープンする。そこでクランクイン!トレンドでは、同アトラクションの見どころをいち早くご紹介。世界中の圧巻の風景を体感できる、夢のライドとオススメしたい。(※本記事は、同アトラクションオリジナル演出などのネタバレを含む)

【写真大量】「ソアリン」で隠れミッキー、発見!


■「ソアリン」って何?

 「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は、海外のディズニーテーマパークで高い人気を誇る大型アトラクション「ソアリン」に、新たなシーンを加えた、東京ディズニーシー・オリジナルの新アトラクション。

 シミュレーションタイプのアトラクションで、ライドに乗って風や大自然をめぐる空の旅を楽しむことができる。

■待ち時間も楽しめる工夫がたくさん

 アトラクションのバックグラウンドストーリーとなるのは、飛行の研究に情熱を注ぎ、未来を夢見て努力し続けた女性、カメリア・ファルコの物語。

 ゲストは、カメリアの人生を振り返る特別展が開催されている博物館を訪れる…というのが旅の始まりだ。博物館をモチーフとした「ソアリン」の外観は歴史を感じさせる厳かな建造物となっており、雰囲気もバッチリ。

 空にまつわる神話が描かれたレリーフを眺めながら中に入ると、まずはロビーがお目見え。

 歩みを進めると、ドーム型の天井も特徴の常設展の展示会場へ。世界の人々が飛行に抱いた夢や願望が描かれた壁画を見ることができる。

 もちろん、そこかしこに“隠れミッキー”も探すことができるので、待ち時間も楽しめるのがうれしい。



■いよいよ、冒険へ

 壁画をはじめとする展示物を見学し、飛行への期待も大いに膨らんだところで、いざライドへ!

 大きくて不思議なカメリアの肖像画に見送られ、カメリアが開発したという乗り物“ドリームフライヤー”に乗り込む。

 巨大スクリーンを活用したライドで、ゆらゆらと揺れる乗り物のスイング感と映像のマッチ度によって、大空を高く舞い上がったような快感が!

■周囲からは「もう一回乗りたい」の声も

 北極ではクマに挨拶、クジラが飛び上がる水しぶきに驚いていると、あっという間に万里の長城やピラミッドなど、世界中へと誘われる。

 各国を上空から眺める風景は圧巻の一言で、草原では草の匂いがするなどその場所にあった香りまで漂う。

 旅のクライマックスは東京へとたどり着き、富士山の姿も。「東京の夜景ってこんなにキレイだったんだ…」と東京の美しさも再発見していると、東京ディズニーシーへと帰還。

 目の前に大きな花火が上がると、周囲からは大きな拍手が上がっていた。終わるやいなや「もう一回乗りたい」との声もあちこちから聞こえていたが、空中散歩時の“風”もクセになる気持ち良さで、「空を飛ぶってこんな感じでしょ!」と大いに納得してしまうほど。ぜひ夢の空の旅を堪能してほしい。

【ソアリン:ファンタスティック・フライト概要】
オープン日:7月23日(火)
場所:東京ディズニーシー メディテレーニアンハーバー
所要時間:約5分(メインショー)
乗員定員:1シアターあたり87人
シアター数:2シアター

最終更新:7/18(木) 13:46
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事