ここから本文です

【ビルボード】BUMP OF CHICKEN『aurora arc』が総合アルバム首位 チャート構成指標を完全制覇

7/17(水) 15:40配信

Billboard Japan

 2019年7月22日付(集計期間:2019年7月8日~2019年7月14日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、BUMP OF CHICKENの3年5か月ぶり、通算9作目のオリジナル・アルバム『aurora arc』が総合首位を獲得した。

 2016年8月にシングル「アリア」を配信リリースしたBUMP OF CHICKENは、以降も年間2曲のペースでデジタル・シングルを発表、2018年11月にはトリプルA面『話がしたいよ/シリウス/Spica』をCD発売し、今年3月にはアルバムからの先行シングルとしては最後となる新曲「Aurora」を配信した。これらの既発曲も多数収録し、7月10日にリリースされたアルバム『aurora arc』は、初週198,254枚を売り上げてCDセールス、ルックアップともに1位をマーク。また、ダウンロードでも14,625DLを売り上げて1位となり、当チャート構成指標を完全制覇する形で総合トップに初登場。2019年リリースのアルバムによる全指標1位獲得は、ONE OK ROCK『Eye of the Storm』、back number『MAGIC』に続く3作目となる。

 2016年2月リリースの前作『Butterflies』のCD初週売上は207,412枚だったので、今作はほぼ横ばいの推移といえる。フィジカル市場の縮小が続くなか、その売上の好調ぶりを保つことができたのは、約3年にわたって先行シングルを継続的にリリース、アルバムのエンド・トラック「流れ星の正体」をオフィシャル・サイトとSNSで段階的に発表するなど、中~長期的なプロモーション戦略が功を奏したからであることは言うまでもない。また、BUMP OF CHICKENではお馴染みのCD限定“隠しトラック”に加え、ライブ映像や東京ドーム公演の最速予約応募券など、フィジカル商品としての付加価値も高く、新作リリースとタイミングを合わせた全曲ストリーミング配信解禁も含めて、フィジカル媒体とデジタル媒体を巧みに活用し、マーケットの変化に対応する姿勢は、“ストリーミング以降”のロールモデルの一つとして今後も注目していくべきだろう。

 3週目の集計を迎えた嵐『5×20 All the BEST!! 1999-2019』は、当週52,183枚を売り上げてCDセールス2位をマークし、根強い売り伸ばしを見せて、累計は150万枚に達した。またルックアップは、前週と前々週を上回る数字となっており、こちらも2位をマーク。7月13日にレンタル解禁されたことが大きな要因として考えられる。総合では前週から1ランク・ダウンの2位に入った。

 総合3位には、菅田将暉の2ndアルバム『LOVE』が初登場。その初週売上は49,971枚で、2018年3月リリースの前作『PLAY』を約1.9万枚上回り、CDセールス3位をマーク。また、ダウンロードも3,033DLで4位となっており、両セールス指標でバランス良く上位に位置しているが、ルックアップは12位と少々伸びしろが見られる。ただ、ルックアップに関しては嵐の例もある通り、今後の訴求次第で上位に浮上する可能性も十分にあるだろう。

 総合4位に入ったのは、BiSHのアユニ・Dによるバンド・プロジェクト、PEDROがユニバーサル ミュージック内“EMI Records”からリリースした1stフルアルバム『THUMB SUCKER』。8月28日のCDリリースに先駆け、7月9日に先行配信をスタートし、当週8,539DLでダウンロード2位をマークしている。続く総合5位には、エド・シーランの最新アルバム『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』がエントリー。カーディ・B、チャンス・ザ・ラッパー、ジャスティン・ビーバー、トラヴィス・スコットら多数ゲストが参加している同作は、CDセールス5位、ダウンロード3位、ルックアップ40位をそれぞれマークした。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『aurora arc』BUMP OF CHICKEN
2位『5×20 All the BEST!! 1999-2019』嵐
3位『LOVE』菅田将暉
4位『THUMB SUCKER』PEDRO
5位『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』エド・シーラン
6位『834.194』サカナクション
7位『King & Prince』King & Prince
8位『City Lights』BAEKHYUN
9位『Finally』安室奈美恵
10位『初音ミク マジカルミライ 2019 OFFICIAL ALBUM』(オムニバス)
11位『文学少女の歌集』堀江由衣
12位『MAGIC』back number
13位『瞬間的シックスセンス』あいみょん
14位『NEW LOVE』B'z
15位『すとろべりーらぶっ!』すとぷり
16位『フジイロック』藤井フミヤ
17位『ぼくらのうた』あゆみくりかまき
18位『BOOTLEG』米津玄師
19位『Bee side Sea side ~B-side Collection Album~』UNISON SQUARE GARDEN
20位『アラジン オリジナル・サウンドトラック デラックス盤』(サウンドトラック)

最終更新:7/17(水) 15:40
Billboard Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事