ここから本文です

F1ドイツGPのタイヤ選択が明らかに。フェラーリはレッドブル・ホンダ&メルセデスと戦略別れる

7/17(水) 11:47配信

オートスポーツweb

 F1タイヤサプライヤーのピレリが、2019年第11戦ドイツGPに向けて各ドライバーが選択したタイヤコンパウンドの内訳を発表した。

【写真】2019年F1第11戦ドイツGP 全ドライバーのタイヤ選択

 ホッケンハイムで開催されるドイツGPに持ち込まれるタイヤは、最も硬いハードタイヤ(ホワイト)がC2、中間のミディアムタイヤ(イエロー)がC3、最も柔らかいソフトタイヤ(レッド)がC4となっている。

 今回は、ルノーとトロロッソ・ホンダがソフトタイヤを最多となる10セット選択。またニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)とダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)については、ミディアムタイヤの選択数が最少の1セットとなっている。

 上記2チームに次いでソフトタイヤを9セット選択したのが、フェラーリやハース、アルファロメオ、ウイリアムズだ。ただ、各チームともミディアムタイヤとハードタイヤの選択数はドライバーによって異なっている。フェラーリ勢はセバスチャン・ベッテルがミディアムタイヤを3セット、ハードタイヤを1セットとなっているのに対し、シャルル・ルクレールはミディアムタイヤ、ハードタイヤ共に2セットずつだ。

 ソフトタイヤの持ち込み数が最も少ない8セットとなっているのは、メルセデス、レッドブル・ホンダ、レーシングポイント。なおマクラーレンはカルロス・サインツJr.が8セット、ランド・ノリスが9セットと選択が別れた。

 レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーの両方がミディアムタイヤを4セット、ハードタイヤが1セットと同じ選択をしている。一方ここまでの10戦で9勝を挙げているメルセデスはルイス・ハミルトンがレッドブル勢と同じミディアムタイヤが4セット、ハードタイヤが1セットなのに対し、バルテリ・ボッタスはミディアムタイヤが3セット、ハードタイヤが2セットとなっている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/17(水) 11:48
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事