ここから本文です

鈴鹿サーキットレーシングスクール卒業生の佐藤蓮と太田格之進、F4フランスにスポット参戦

7/17(水) 16:04配信

オートスポーツweb

 鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)は、2019年から連携するフランスのFFSAアカデミーが主催するF4フランス選手権のマニクール大会にSRS-Formula卒業生である佐藤蓮、太田格之進のふたりを派遣、スポット参戦させると発表した。

 2019年からインディ500ウイナーの佐藤琢磨をプリンシパルに、インディ500、ル・マン24時間、F1モナコGPの世界三大レース参戦経験を持つ中野信治をヴァイス・プリンシパルに迎えたSRSは、2019年からピエール・ガスリーなどを輩出したフランスの若手育成機関FFSAアカデミーと提携を開始した。

 今回、佐藤と太田が参戦するF4フランス選手権は、そのFFSAアカデミーが開催する大会で9月13~15日にフランスのマニクール・サーキットで開催されるもの。2019年はともにFIA-F4を主戦場としているふたりが、マニクールでどんなパフォーマンスを見せるだろうか。

 また、この連携のひとつとしてFFSAアカデミー側からは2名の育成ドライバーが10月に行われるSRS-Formulaアドバンスのスカラシップ選考会に派遣されるほか、SRS-Kartにも2名のドライバーが派遣されるという。

 そのほか、二輪のSRS-Motoでも2018年に続いてAPホンダとの交換留学を実施。8月23~25日に行われる『タイ・タレントカップ』に、古里太陽、高橋直輝のふたりを派遣、スポット参戦させる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/17(水) 16:05
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事