ここから本文です

免許取得を祝って飲酒し運転、わずか十数時間で取り消しに

7/17(水) 7:15配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国・西安市(Xi'an)で、運転免許を取得した男性がその日の夜、友人らが開いたお祝いの席で酒を飲み、車で友人を家に送ろうとしたところ警察の取り締まりを受け、十数時間前に手にしたばかりの免許を取り消された。

 2日午前2時ごろ、夜間パトロールをしていた警察官が飲酒運転の疑いがある車を見つけ、停止させた。運転手の男性は事情聴取に対し、「檳榔(ビンロウ)をかんだ」と答え、飲酒を否認した。だが、アルコール検知器で飲酒がすぐに判明し、男性は飲酒運転を認めた。警察官が運転免許証を確認したところ、1日に取得したばかりだったという。檳榔はヤシ科の植物で、かみたばこのように味わうと軽い興奮感や酩酊(めいてい)感が得られる。

 男性の供述によると、1日午前11時に運転試験に合格し、免許を取得。その夜に友人が開いたお祝いのパーティーで酒を飲んだ。パーティーが終わった2日未明、「この時間なら誰にも気付かれないだろう」と思い、レンタカーアプリで車1台を借り、友人らを送ろうとした。これが初めての路上運転で、十数時間前に手にしたばかりの免許を取り消されることになった。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:7/17(水) 7:15
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事