ここから本文です

7月16日の海外株式・債券・為替・商品市場

7/17(水) 5:59配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル上昇、資源国通貨が原油につれ安-米経済指標も良好

16日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが上昇。資源国通貨は下落した。米国とイランの緊張が緩和に向かう可能性を手掛かりに、原油相場が大きく下げたことが背景。米小売売上高など、良好な経済指標もドルを支えた。

欧州時間の取引

米国の小売売上高や鉱工業生産指数の発表を控え、ドルが主要10通貨の大半に対して上昇。一方、ポンドは下げ幅を拡大。英政治が引き続き重しとなった。原題:Dollar Gains as Commodity Currencies Slump With Oil: Inside G-10(抜粋)Dollar Climbs Before Key Data, Sterling Stumbles: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株が反落、対中追加関税にトランプ氏言及

16日の米株式相場は反落。前日に終値ベースで史上最高値を更新した主要3株価指数は、いずれも下げた。中国への追加関税賦課はあり得るとトランプ米大統領が述べ、貿易摩擦が未解決であることを投資家にあらためて意識させた。米国債は反落。

S&P500種株価指数は6営業日ぶりに下落。原油安を背景にエネルギー銘柄が下げた。テクノロジー大手は反トラスト問題を巡り、米議会の追及に直面した。ゴールドマン・サックス・グループは4-6月決算が予想を上回ったことを好感して上昇。JPモルガン・チェースは序盤の下げから持ち直し、上昇して引けた。

S&P500種株価指数は前日比0.3%安の3004.04。ダウ工業株30種平均は23.53ドル(0.1%)安の27335.63ドル。ナスダック総合指数は0.4%低下。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.10%。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 6:34
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事