ここから本文です

ヘッジファンドの手数料低下-「2:20」定番モデルは風前のともしび

7/17(水) 13:53配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ヘッジファンドの運用成績は今年に入り上向いているかもしれないが、投資家から徴収する手数料は低下している。手数料が比較的安い資産運用会社からの圧力にさらされているためだ。

ユーリカヘッジのリポートによると、世界の新規ヘッジファンドが課す平均管理手数料は今年1-6月(上期)に1.2%と、業界が金融危機に打撃を受ける前である2007年の1.6%を下回った。成功報酬は約14.5%に低下。かつては運用残高の2%を管理手数料として、値上がり益の20%を成功報酬として顧客から受け取る「2:20」モデルが定番と考えられていたが、ファンド全体ではこの水準を大きく下回った。

長年にわたる運用成績不振を受け、多くの投資家がより手数料の安い運用会社を探し求めるようになった。16日公表のリポートによると、20%以上の成功報酬を課す運用会社が世界全体のヘッジファンド資産の半分余りを握っているものの、20%を下回る成功報酬を課す運用会社の市場シェアは6月に41.3%と、08年末の16.3%から拡大した。

原題:Hedge-Fund Fees’ Long Slide Leaves ‘2 and 20’ Model on the Ropes(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Allison Ingersoll

最終更新:7/17(水) 13:53
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事