ここから本文です

ボッタス「もしも来季メルセデスに残留できなければ次に狙うのはフェラーリのシート」

7/18(木) 5:55配信

TopNews

バルテリ・ボッタスが、2020年もルイス・ハミルトンとともにメルセデスで戦いたいと語った。

今年メルセデスで3シーズン目を迎えているフィンランド出身ドライバーのボッタスだが、2018年シーズンは不調が続き1勝もあげることができずドライバーズランキングも5位で終えていた。

今季はメルセデスに残留することができたボッタスだったが、シーズン開幕前には2020年にメルセデスのシートを確保するのは難しいだろうという見方をしていた者が多かった。

だが、今季の開幕戦オーストラリアGPで幸先よく優勝を飾ったボッタスは第5戦スペインGPまではハミルトンと互角の成績を残し、メルセデスは5戦連続で1-2フィニッシュを達成。

そして、第6戦モナコGP以降少し調子を落としていたボッタスだが、先週末にイギリスGPが開催されたシルバーストン・サーキットでは今季4回目となるポールポジションを獲得。レースでもセーフティカー導入のタイミングによりハミルトンに首位を明け渡すまではトップを走行していた。

ボッタスは、チームメートがハミルトンでなければ自分の強さがもっと目立っていたはずだとフランスのテレビ局『Canal Plus(カナル・プリュ)』に次のように語った。

「もし(チームメートが)ルイスじゃなかったら、多分僕はもっと多くのレースで勝利していたと思うよ」

「だけど、正直なところ、僕は何も変えたいとは思っていないんだ。この状況が僕の成長を助け、もっと結果も残せるはずだからね。僕は彼に挑戦したいんだ」

「僕は来シーズンも契約を延長したいと思っているよ」

だが最近では、2020年にはボッタスではなく現在リザーブドライバーを務めているエステバン・オコンがハミルトンのチームメートになる可能性が高いという報道も行われている。

しかし、ボッタスは次のように続けた。

「僕はチームに対して、自分がメルセデスにとどまるに相応しいことを証明したと思っている。でも、あともう何レースか待たなくてはならないけれどね」

「まだ署名に至ったものなど何もない。だけど、僕は進歩し続けられるように取り組んでいるよ。そうすれば何も問題はないはずさ」

だが、ボッタスは、もしもメルセデスにとどまることができない場合も想定はしていると次のように付け加えた。

「もし僕がメルセデスを去らなくてはならないのであれば、僕は2番手に位置しているチームに行きたいね。現時点では、それはフェラーリということになる」

最終更新:7/18(木) 5:55
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事