ここから本文です

3連投の藤川が救援失敗 阪神6連敗で4位転落

7/18(木) 0:42配信

東スポWeb

 自力優勝の可能性が消滅している阪神は17日も中日戦(豊橋)に4―6の逆転負け。今季ワーストタイとなる泥沼の6連敗で借金は5となり、4位に転落した。

 打線は大山が11号先制ソロを含む2打点、大腸がん克服の原口が6月20日の楽天戦以来のスタメンで2打点を稼ぐなど奮起した。だが、同点の8回、注目の“通算防御率1点台”まで残り「2回3分の2」に迫っていた救援エースの藤川が気迫の3連投でマウンドに上がったが、阿部の中越え適時三塁打で2点を失った。

 まさかの救援失敗で自身12試合ぶりの失点となった藤川は「3連投? それは関係ない。うまく打たれた。今日は相手の勝ち」と無念のコメント。後半戦開幕から白星のない矢野燿大監督(50)は「(打線が)追い越したら点を取られてしまう展開。(連敗中は)接戦でやり負けている。球児(藤川)にも無理をさせている。同じ負け方になっているのはオレの責任」と苦渋の表情だった。

最終更新:7/18(木) 10:10
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(火) 11:50

あなたにおすすめの記事