ここから本文です

アマゾンからEC企業が学ぶべき5つのポイント

7/18(木) 7:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

アマゾンで消費者は商品検索を始めた瞬間からチェックアウトまで、簡単に買い物をすることができます。このアマゾンの戦略で、小売事業者が参考にできる5つの重要な要素を紹介します。


1990年代半ば、ジェフ・ベゾスの「オンライン書店を作る」という野望から始まったアマゾンは、今ではさまざまなメディアプラットフォームに遍在しており、非常に大きな成長を遂げました。

米国を拠点とするこの巨大企業は、eコマースでは無双状態。2018年にアマゾンが報告した総商品量が2,770億ドルだったのに対し、eBayは898億3000万ドルにとどまっています。

現在の状況まで到達するには20年という月日、数千人のエンジニア、賢い戦略、そして無数のリスクを伴う行動が必要でした。アマゾンはユーザーエクスペリエンス全体を継続的にテストし、学習し、最適化しているのです。

しかし、アマゾンのすごいところは今の状況に到達できたことではありません。継続的な最適化と拡張によって、優位性を保っていることが彼らのすごいところなのです。アマゾンは現在、ダイナミックな価格設定から1時間以内の配送まで、さまざまなサービスを提供していますが、その一方で膨大な種類の商品も提供しています。

 

アマゾンの「フルファネルオプティマイゼーション」とは?

そんな中、他の小売事業者はどうしたら良いのでしょうか。大きな支配力と勢いを保つアマゾンと直接対決することは、EC業界のほとんどの事業者にとって現実的ではありません。アマゾンから学び、彼らの成功の鍵となっている要素を理解することが優先されるべきでしょう。

アマゾンの卓越性を構成する重要な5つの要素について説明する前に、1つの重要なポイントを強調したいと思います。

アマゾンは「フルファネルオプティマイゼーション」と呼ばれるものを展開しています。1つのページを最適化するだけではありません。アマゾンはユーザーエクスペリエンス全体を継続的にテストし、学習し、最適化しています。最初の広告のタッチポイントから、100回目以降の訪問でユーザーが戻ってくるページ、配達、さらには購入後のエンゲージメントまで。

このアプローチが顧客の再来訪を促し、ベンダーを満足させ、アマゾンを唯一無二の存在に押し上げました。「フルファネルオプティマイゼーション」は、ビジネスの運営方法にも革命をもたらす可能性があります。

ここからは、EC小売事業者が注力すべき、5つのコアプラクティスを見てみましょう。

 

1/3ページ

最終更新:7/18(木) 7:01
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事