ここから本文です

アマゾンからEC企業が学ぶべき5つのポイント

7/18(木) 7:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

(1) 効果的なエンゲージメントを促すクリーンなレイアウト

アマゾンがWebサイトのデザインで賞を獲ることはないでしょう ―その必要がないのです。この記事を読んでいるデザイナーの方々には失礼かも知れませんが、純粋な見た目の美しさは、優れたeコマースページの設計において最も重要なことではありません。アマゾンが「良い」とするページは高いコンバージョン率を生み出すページ。それだけです。

アマゾンは、消費者が求める商品を検索する際に、必要以上の作業をさせません。直帰率を最小化し、コンバージョン率を最大化するには、ページレイアウトをシンプルで使いやすいものにしましょう。

顧客が期待しているものと欲しているものを提供することで、ロイヤルティを維持しましょう。見込み客を失う最も簡単な方法は、彼らがサイト訪問した時に混乱させることです。ほとんどの利用者は二度とそのサイトに戻って来ないでしょう。

 

(2) 製品詳細ページの活用

社会的な信頼はかつてないほど価値を増しています。私たちの買い物方法は変わりました。世界はつながっていて、あらゆるものについての意見を至る所で見つけることができます。製品情報の信頼できるソースとして、消費者に自社を認識してもらうことが大切です。

オンラインで信頼を獲得するのは困難です。しかし潜在顧客に対して、他の顧客が商品についてどういう意見を持っているのかを正確に示すことができれば、信頼と関心を得ることができるでしょう。

シームレスに組み込まれた画像や動画は消費者の関心を引き、影響を与える上でも大きな役割を果たします。今や消費者の3分の2以上が動画で新商品について知りたいと思っており、テキストのみを好む人は15%にすぎません。

 

(3) ベストセラーランキング

アマゾンの「Best Sellers Rank(BSR)」は、想像通り、主に売上高で計算されています。BSRには、最近の数値と過去の数値の両方が含まれています。1時間ごとに更新されるBSRは、アマゾンのデータ活用の素晴らしさを示すとともに、消費者にとって非常に役立つ情報です。ベンダーにとってBSRは単なる見栄の指標かもしれませんが、潜在顧客が情報を得るためのシンプルな方法なのです。

ECプラットフォームにとって、安全と信頼の雰囲気を醸し出すことは非常に重要です。アマゾンは他の分野でもランキングを利用しています。特に、中古品の購入を検討している、注意深い消費者にとってはランキングが大切です。

自社サイトではデータ主導のランキングを使用することで正しく信頼できる情報を提供し、どのようにして消費者に安心して購入してもらえるかを検討してください。

 

2/3ページ

最終更新:7/18(木) 7:01
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事