ここから本文です

【K-1】武居由樹の”猫のようなステップ”と鉄球のようなパンチについて語る

7/18(木) 12:16配信

イーファイト

 6月30日にK-1初進出の両国国技館にて行われた 「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」ではプレリミナリーファイトも含めると、全16試合が行われ、その中の11試合がKO決着という白熱した大会であった。メインイベント終了後、10500人と超満員になった国技館の中心に居たのは武居由樹だった。

【フォト】独特のステップから繰り出すアッパーカットがヒットする

 今大会のトーナメントでは、本来K-1スーパー・フェザー級王者の武尊が出場予定であったが拳の怪我で欠場。カリスマの不在を受けて武居は代わりにK-1を背負うと会見やインタビューで宣言していた。今回のトーナメントでは若い日本人選手やアレックス・リーバスといったような強豪外国人選手も揃った。ワンデートーナメントでは怪我などによって勝ち上がることができない場合もあるが、宣言通り武居は全試合KOでトーナメントを制覇した。

「チャンピオンとして絶対に負けられないという気持ちがあったので3試合無事に勝ててホッとしています」と振り返り、武尊の不在もあったため「初めてK-1を引っ張るという気持ちを持って戦いましたし、チャンピオンとしての自覚を持って戦って優勝することができたので大きく成長できたと思います」と自身の成長を大きく感じた大会になったようだ。

 今回の試合で注目したのは武居の戦い方だ。ゴングが鳴ると前後左右にステップを踏み、その場には居付かない。その読めない動きからパンチを出し、相手を倒すのだ。
 魔裟斗は「猫のようなステップ」、パンチについては「鉄球のよう」と絶賛したが、イーファイトが6月度「ゴールドジムプレゼンツ格闘技月間ベストファイター」に選び武居にその2つについてインタビューを試みた。

 武居はパンチについて「入門時から会長とやってきた”強く打つ”という感覚が今でも生きていると思います。試合中には、これまでの経験が生かされて自然とパンチが出ると言った感じです」と古川会長との練習の成果の賜物だという。強いパンチを打つには体軸を安定させたフォームや力の配分、効かすにはパンチを打つときに気づかれないタイミングや呼吸が必要となる。強い対戦相手にその条件にあった強いパンチを出すには、誰と戦っても、その強いパンチを出す練習量で磨かれていく。猫のようなステップを踏みながら強いパンチを出すタイミングや姿勢も必要になる。
 今大会で決勝で戦った玖村将史(20=K-1ジム五反田チームキングス)は試合後に「軽く打ってるようで、みんな倒れてるから、何でと思ったけど、武居とやってみて見えないパンチだから効くと思いました。スピードは負けてないけど、当てるタイミングが上手だと思います」と語っている。

 そのタイミングにあのステップは欠かせないだろう。

 次にステップについて聞いた。「2年前のトーナメントでは、一番体が細くて(それまで武居は53kgで戦っていた)自分のパワーでは通じないと思いました。そこで、パンチをもらわないためには動かないといけなくて、今のステップの形が戦っていく中で身につきました」と戦いながら自然に身についたものだと武居は語った。
 常にその場に止まらない軽快で独特なステップ。プロボクシング世界3階級制覇王者のワシル・ロマチェンコはバレエのステップを応用し当てさせない戦い方をしており、それを思い起こさせた武居は、戦いの中で身につけたという独自のステップでリング上を動き回った。

 しかしまだ満足はしていないようで「パンチを貰ってしまったところもあったので、そこも修正して誰にでも勝てないと思われる選手になりたいです」とこれからさらに相手にパンチを当てさせないスタイルを構築していくという。

 スーパー・バンタム級では敵なしといえる武居に、二階級制覇を目指していくのか問うと「時期は分からないですけど、ゆくゆくは二階級制覇をするつもりです。フェザー級に上げて違う選手と戦うというのも面白いと思います」といずれは階級変更を見据える。現在フェザー級には武居がデビューしたての頃に敗戦を喫した西京春馬など、多くの選手が揃っているため新たな展開にも期待だ。

 次回の対戦相手は未定だが、武居は次戦に向けて「もっと自分のスタイルをパーフェクトにしていきたいです、あとはカッコ良い選手になりたいです。(具体的には)もっと憧れてもらえる選手になりたいです」と子供やK-1を知らない人にも憧れの存在でありたい」と意気込んだ。

 K-1世界王者にしてまだ23歳と若く、これから更なる成長を見せてくれるであろう。最後に「これからも会場が沸くような試合をして、さらに派手な試合を見せられるようにやっていきます。これからも応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。

最終更新:7/18(木) 15:52
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事