ここから本文です

大きなうんこがなくなって絶滅!? 生き物図鑑『わけあって絶滅しました。』の続編が登場

7/18(木) 13:00配信

ねとらぼ

 絶滅してしまった生き物を集めた図鑑『続 わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑』が、7月18日にダイヤモンド社から発売されました。価格は税込1080円。

【画像:方向性を見失って絶滅したいきもの】

 同書は2018年に発売されて人気になった『わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑』の続編。68種の生き物が登場し、自らの絶滅の原因を語ってくれます。

 紹介されているのは、陸に上がって生きていくには足が貧弱すぎた爬虫類「ヘノドゥス」や、大型動物のフンを食べて生きていたのに、その動物がいなくなってしまった糞虫「ムカシナンバンダイコクコガネ」、肉食から雑食への転換の時期を誤った巨大なクマ「アルクトテリウム」など。ユーモラスなイラストやどの時代に生きていたのかを示す年表も添えられています。

 絶滅しそうだけどしていない生き物を集めたページには生きた化石と呼ばれる「カブトガニ」が登場。3億年以上の年月を生きのびてきた“処世術”を学ぶことができます。

 監修の今泉忠明さんと著者の丸山貴史さんは『ざんねんないきもの事典』シリーズを手掛けてきたお二人。豪華特典として、生きのびる難しさを体感できる「激ムズ巨大迷路ポスター(A2サイズ)」が付属しています。

ねとらぼ

最終更新:7/18(木) 13:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事