ここから本文です

ANA、成田-チェンナイ10月就航 南インド直行便、787で週3往復

7/18(木) 23:31配信

Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は7月18日、成田-チェンナイ線を冬ダイヤ初日の10月27日に開設すると発表した。日本初の南インドへの直行便で、ANAのインド路線は3路線に拡大する。

 週3往復で、日曜と水曜、金曜日に運航。機材はボーイング787-8型機で、座席数は3クラス169席(ビジネス46席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー102席)となる。

 運航スケジュールは、チェンナイ行きNH825便が成田を午前11時10分に出発し、午後5時45分着。成田行きNH826便は午後8時30分にチェンナイを出発して、翌日午前7時25分に到着する。

 インド南東部のチェンナイはベンガル湾に面し、自動車産業を中心に製造業が盛んな都市で、「インドのデトロイト」とも呼ばれている。訪日やアジア-北米間の旅客に加えて貨物需要が期待できるという。

 現在ANAが運航するインド路線は、成田-デリー線とムンバイ線の2路線で、いずれも1日1往復。機材は787-8を投入している。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:7/18(木) 23:31
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事