ここから本文です

地元住民がライブ配信中、スペースXの打ち上げテスト

7/18(木) 10:41配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

スペースXは、テキサス州で小型ロケット「スターホッパー」の打ち上げ&ホバリングのテストを予定している。

スターホッパーは、人を火星に送るはるかに大型の宇宙船「スターシップ」のテストを目的とした初期プロトタイプ。

イーロン・マスク氏は、スターホッパーを地上から約20m上昇させ、横に移動させて、発射台に着陸させると語った。

地元住民のグループは複数のカメラを使って、テストのライブ配信を行っている。

スペースXはテキサス州の南端から頑丈なスチール製ロケットを打ち上げる予定。そして地元住民のグループは生中継しようとしている。

このロケットの名前は「スターホッパー(Starhopper)」、高さ60フィート(約18m)以上、幅30フィート(約9m)以上。「ラプター」ロケットエンジン1基が取り付けられており、スペースXは16日(現地時間)にエンジンの燃焼テストを計画していた。

燃焼テストの約24時間後、おそらくはアメリカ東部時間7月17日午後3時~11時(日本時間18日午前4時~12時)の間にメインの打ち上げテストが行われる。イーロン・マスク氏のツイートによると、ロケットは地上約65フィート(約20m)まで上昇し、ホバリングして横に移動し、ボカ・チカ・ビーチ近くの発射台に着陸する。

スターホッパーは宇宙に行くようには設計されていない。だが、「スターシップ」と呼ばれる、はるかに大きくて、より強力なロケットのための技術をテストするように設計されている。スターシップは高さ約400フィート(約122m)、月や火星に約100人と100トン以上の貨物を送ることができる。

また、スターシップは完全に再利用できるように設計されており、宇宙に行くコストを大幅に削減できる。スターシップの他のモデルでは、一度に何百もの衛星を打ち上げたり、乗客を30分ほどで地球の反対側まで運ぶことが計画されている。

スペースXは4月に初めてスターホッパーのエンジンテストを行った。テストは、巨大な自転車のチェーンのような留め具でロケットを発射台に繋ぎ、安全に配慮して行われた。ロケットは地面からせいぜい数インチ上がっただけだった。テストは何度か続けられ、より高く上昇したが、それほどではなかった。

今回のテストは、留め具などはなしで行われる。

スペースXの広報担当者は、打ち上げ&ホバリングのテストは「できる限り早く、できる限り安全に、ロケットの性能を引き上げるための一連のテストの1つ」とメールでBusiness Insiderに語った。

だが、テストが18日に行われる保証はない。

「すべての開発プログラムと同様に、スケジュールは極めて流動的、変更になる可能性がある」と広報担当者は述べた。

あるTwitterユーザーがマスク氏に打ち上げテストのライブ中継を行うかどうかと尋ねたところ、マスク氏は「する」と答えた。

しかし、スペースXは今のところ、中継を行うとは明言していない。そこで中継がなかったときのために、地元住民のグループがスターホッパーの発射台のYouTubeライブ配信を行っている。

テキサス州にあるスペースXの発射場近くに住んでいるマリア・ポインター(Maria Pointer)氏は、夫のレイ(Ray)氏、友人のルイス・バルデラス(Louis Balderas)氏と一緒に、2台のカメラのビデオフィードを設定した(下の動画)。

1台はポインター氏のカメラで360度回転させることができる。カメラは約1.8マイル(約2.9km)離れたところから、発射台を映している(強力なズーム機能を持っている)。

2台目のカメラはサウス・パドレ島のサファイアコンドミニアムの上にあり、スペースXの発射台から6マイル(約9.6km)近く離れている。

ポインター氏は、このビデオ配信のキャッチフレーズは「未来を見せる」であり、スペースXの発射台で「何が起こっているかをブラウンズビルの子どもたちに見せる必要がある」とBusiness Insiderに語った。

カメラは、しばしば映像を切り替えて、天候や発射台の様子、その他の情報を表示している。

[原文:SpaceX is about to launch a Mars-rocket prototype in Texas. You can watch live video of its 'hover' test, thanks to a couple of neighbors.]

(翻訳:Toshihiko Inoue、編集:増田隆幸)

Dave Mosher

最終更新:7/18(木) 20:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事