ここから本文です

若者、一票の重さ実感 田村高、福島大に期日前投票所

7/18(木) 8:39配信

福島民報

 三春町選管委は十七日、町内の田村高同窓会館に参院選の期日前投票所を設置した。

 二〇一六(平成二十八)年の参院選、昨年の知事選に続く対応。県選管委によると、今回の参院選で高校敷地内に期日前投票所が設置されるのは県内唯一で、同校の生徒や教職員、地域住民が足を運んだ。

 田村高三年の鈴木涼太さん(18)は生まれて初めて選挙の投票に臨んだ。「ニュースや世論調査の結果を参考にして投票先を決めた。選挙に直接関わるようになり、一票の重さを実感している」と語った。

 福島市選管委は十七、十八の両日、市内の福島大に期日前投票所を設けている。共生システム理工学類一年の田崎勝也さん(18)も十七日、初めて投票した。「近くで投票できて良かった。住みやすい世の中になってほしい」と願った。

最終更新:7/20(土) 0:55
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事