ここから本文です

障害者を「ギャグ」にした漫画家 ヤンキーとのラブコメ、思わぬ反響 白杖折られた体験、さらけ出した本音

7/19(金) 7:00配信

withnews

好きな相手を、いつも近くに感じたい。たとえ障害があろうとも--。そんな願いが詰まったラブコメ漫画が、ネット上で人気を呼んでいます。白杖(はくじょう)を使う弱視の女子高生が、ヤンキーの青年と恋に落ちる筋書きです。互いの表情を確かめようと、たびたび顔を近づけ合う二人。見えにくさゆえの行動に、身悶える読者が続出しています。「『障害者らしい』キャラクターはつくりたくなかった」。あえてギャグ路線を選んだ理由を、作者に聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

【漫画】ヤンキーの顔に伸びる、弱視JKの白い手……。距離の近さにドキドキ!人気の異色ラブコメはこちら

白杖で一刺し、崩れ落ちるヤンキー青年

漫画のタイトルは『ヤンキー君と白杖ガール』。ファンの間では、「ヤンガル」の略称で親しまれています。

主人公の黒川森生(もりお)は、地元で無敗のヤンキー青年です。小学生の頃、高校生と闘い打ち負かしたことから、『黒ヒョウのモリ』の通り名で恐れられています。

ある日、子分二人と、点字ブロックの上を歩いていた森生。すると後ろから突然、棒状のもので攻撃されてしまいます。

盲学校に通う16歳の女子高生・赤座ユキコの白杖が、「ジャマだよ」と、お尻を一刺ししたのでした。

泡を吹きつつも、森生はユキコに詰め寄ります。「俺の顔には、刀傷があるぜ」。すごむつもりで、弱視で目が見えづらいユキコに説明すると、何と顔を近づけ心配してきたのです。

「大変じゃん! 赤チンいるか!?」。まっすぐな眼差しに、顔を赤らめ、たじろぐ森生。この体験から、彼はユキコを慕うように。一緒に行動するとき、背景色と見分けがつくよう、明るい色の服を着た方が良いなど、森生はユキコの事情を学んでいきます。

二人の絶妙な距離感や、障害を巡る気付きにあふれたストーリーに、多くの人達が惹(ひ)き付けられています。「とにかく優しい漫画」「ちょっとした愛情があれば、社会の不自由さは超えられるのかも」。SNS上では、そんな感想が飛び交っています。

全話が無料公開されている「ニコニコ静画」「pixiv」「マンガハック」の3サイト上のPV数も、19日時点で累計1000万を超えました。

1/3ページ

最終更新:7/19(金) 11:12
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事