ここから本文です

<プラス1>肩のリハビリ&痛めないためのトレーニング方法

7/18(木) 11:31配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

ゴルフによる肩の痛みは、胸や背中、脇の下の筋肉が硬いことが影響します。これらの筋肉が硬いことによって、スイング中に必要な可動域を得られず、肩に負担がかかってしまうのです。この状態でスイングを繰り返すと、やがては肩甲骨の内側や、肩関節付近まで痛めてしまう可能性があります。

今回は、肩を痛めたときのリハビリと、そもそも痛めないためのトレーニング方法として、病院や治療院でも実践されているメニューをご紹介します。

肩や胸の可動域を広げるストレッチ

1.ゴルフクラブのグリップを握ります。
2.肘を外側に曲げ、クラブを腕の後ろに回します。
3.クラブのヘッド側(グリップとは逆側)を反対の手で握り、前へ引きます。
4.てこの力を使うように引くと、胸の前や背中がストレッチされます。
5.無理に引き過ぎないように、ストレッチ感を得たところで10秒間キープ。2、3セット、左右同じように行いましょう。

◎バックスイングやフォロースルーで必要な、肩や胸の可動域を広げる効果があります。

背骨をしなやかにする背中のストレッチ

1.肘と膝を床につけ、四つん這いの姿勢になります。
2.腕を前方へ滑らせて、猫が伸びをするような姿勢になります。
3.胸を床に近づけるようにすると、背中や肩甲骨の間の辺りが伸びてきます。
4.両手を合わせ、肘を曲げ伸ばしすると、さらにストレッチ感が増します。
5.ストレッチ感を得たところで5秒間キープ。これを10回行いましょう。

◎腰ではなく背中や肩甲骨の間を反らせるのがポイントです。しなやかに背骨を動かし、自然に胸を張った姿勢を作る効果があります。

胸郭回旋ストレッチ

1.片膝立ちの姿勢になり、両手を前足の横につきます。
2.前足と同じ側の手を床から離して、身体をひねって回旋させます。
3.目線は動かしている手の指先を見ます。胸や背中がストレッチされます。
4.ストレッチ感を得たところで5秒間キープし、元の姿勢に戻します。
5.左右10回ずつ繰り返しましょう。

◎スイング全体で必要な、胸郭や背中を伸ばす効果があります。

いかがだったでしょうか?次回は「肘」の痛みについてご紹介します!

(協力/株式会社ケアくる)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事