ここから本文です

困惑、激怒……そして熱唱? F1イギリスGP、注目のチームラジオ集

7/18(木) 18:46配信

motorsport.com 日本版

フリー走行好調のルクレール、フロントロウ獲得ならず

チーム「えー、順位は…ボッタスがP1で25秒0、ハミルトンが2番手で…」

【動画】F1第10戦イギリスGPハイライト

ルクレール「あーー*****」

チーム「君は3番手だ」

ルクレール「やることはやった。とても良いラップだった。とても満足してる。ただそれが十分じゃなかったというだけだ」

ベッテルとフェルスタッペンが接触!

フェルスタッペン「何て*******なんだ!? えーと、マシンは大丈夫?」

チーム「タイヤはOKだ。また随時連絡するよ」

フェルスタッペン「彼は何を考えてるんだ!?」

チーム「いや、わからない」


ベッテル: 「おい、彼は何をしてるんだ?」

フェルスタッペン、ダメージを負いながらも5位フィニッシュ

チーム「OK、よくやった。君のための1日とは言えなかったけど、素晴らしい仕事をしたね」

フェルスタッペン「ああ、信じられないよ。今日は2位になれるはずだった。でも正直、あれだけヒットされたのにどうしてマシンをここまで持って帰れたのか、自分でもわからないよ」

サインツJr.、喜びのあまり熱唱?

チーム「チェッカーフラッグだ。P6、6位だ。やったなカルロス!素晴らしいドライブだ!」

サインツJr.「おお!みんなありがとう。フー!」

チーム「ああ、素晴らしい仕事だった」

サインツJr.「スム~スオペレータ~(Sadeの「Smooth Operator」のサビを歌う)」

チーム: 「ハハハハ!」

ヒュルケンベルグ、チームの戦略ミスに激怒

チーム「よくやった、ニコ、よくやった。大変だったね。申し訳ないことをしたけど、君は素晴らしい仕事をしてくれた」

ヒュルケンベルグ「全く理解できないね。何で早くピットに入れてくれなかったんだ……自分たちで首を締めてるよ。本当に苦労した。ゲームや****でもこんなことしないよ。たまには僕のことを信じてくれよ」

チーム「分かったニコ、分かったから」

ヒュルケンベルグ「僕のタイヤがあんな状態なのに『いやいや、大丈夫だ。ステイアウトさせよう。問題ない』と思ったんだろう。そうに決まってるよ」

チーム「分かった、ニコ。それについてはレース後話そう」

Rachit Thukral

最終更新:7/18(木) 18:46
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事