ここから本文です

全小中学校の体育館に冷風機導入、避難時に活用も 清川村

7/18(木) 5:10配信

カナロコ by 神奈川新聞

 清川村は2019年度、近年続いている酷暑対策として村立小中学校全4校の体育館に冷風機を導入した。児童生徒向けだけでなく、災害時に住民の避難所となる体育館で熱中症予防にも役立てる考え。

 村内には4校で三つの体育館があり、2台ずつ計6台を配備した。冷風機は幅約67センチ、奥行き65センチ、高さ156センチで首振り機能があり、底面の車輪で移動も可能なタイプ。水の気化熱を利用し、周囲の温度より5度低い涼風を出す。

 今回の導入は「より良好な教育環境を整え、児童生徒の健康維持を図る」(村教育委員会)目的と合わせて、災害時における避難所の暑さ対策も兼ねる。搬入費用などを含め、導入の事業費として約140万円を投じた。

 一方、村では8月に、小中学校4校の普通教室と特別教室の全てにエアコンの配備を終える予定。

神奈川新聞社

最終更新:7/18(木) 5:10
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事