ここから本文です

レッドブル・ホンダのターボラグ問題、原因はフェルスタッペンの”脚さばき”?

7/18(木) 19:42配信

motorsport.com 日本版

 ホンダのパワーユニット(PU)を搭載したレッドブルの今季マシン、RB15は徐々にパフォーマンスが向上している。マックス・フェルスタッペンは第9戦オーストリアGPで優勝し、第10戦イギリスGPでも表彰台争いを展開した。

【動画】F1第10戦イギリスGPハイライト

 しかしそのイギリスGPの予選では、フェルスタッペンが”ターボラグ”に関する問題が発生していたと報告した。低回転域で要求通りのパワーを得られていなかったため、ポールポジションを逃したと彼は考えている。

 ホンダはこの問題を全力で調査中であり、次戦ドイツGPで対応を行うと予想される。

 現代F1に導入されているPUは、ターボチャージャーとMGU-Hが機械的に連結されている。そのためMGU-Hがターボを回転させることで、ターボラグの解消が行われているはずだ。にもかかわらず、スロットルを介したフェルスタッペンの操作と、PUの出力にズレが生じるということは、キャリブレーション(調整/較正)に問題があるということだろう。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、シャシー側の改良の結果として、フェルスタッペンがこれまでとは違う方法で、スロットルを操作していることがその原因だと考えている。

「それは、マックスがスロットルを踏むスピードが原因だと思う」とホーナーは話した。

「以前は見られなかったようなことだが、その現象はダイノ(エンジンベンチ)で整理することができるようなものだ」

「ホンダ側が解決することだと思うが、彼らはそれにかなり自信を持っていたようだ」

 フェルスタッペンは、イギリスGPで”ターボラグ”の問題がかなり頻繁に起きていたと話した。

 通常、ステアリングを操作しPUのセットアップを微調整することで、すぐに問題は解決できるはずだが、イギリスGPではそれができなかったのだという。

 ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、”問題を解決し、フィーリングを改善するために、どのように、そしてどれだけ変更をする必要があるのか”を確立するため、日本のさくら研究所でも分析が継続されていると話した。

「私たちは、どの回転数で、スロットルペダルのどの位置で、どのように踏んだ時にラグを感じたかなど(問題の詳細について)マックスと話し合いました」

「それから、私たちは正確な場所を見つけました」

 今回のターボラグ問題は、ホンダが克服するために多大な労力を費やすような、根本的なトラブルではなかったと言えるだろう。

 しかしホンダやドライバー、チームにとって、技術的およびパフォーマンスといった面で大きな問題だと考えていると、田辺は話した。

「故障が起きるような問題ではありませんでした」

「問題の種類は違いますが、大きな問題だと理解しています。ただ致命的か致命的でないかで言えば、そうではなかったということです」

Scott Mitchell

最終更新:7/18(木) 19:42
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい