ここから本文です

AC/DC、『地獄のハイウェイ』40周年を記念した動画を公開! 約2年ぶりにSNSを更新

7/18(木) 18:20配信

rockinon.com

昨年の夏以降、新作が噂されるAC/DCだが、この度2年近くぶりにソーシャル・メディアに復活したことが分かった。

「Consequence of Sound」によると、同バンドは2017年11月18日にギタリストのマルコム・ヤングの訃報を発表して以来、Facebookへ投稿がなかったという。


しかし現地時間7月16日、AC/DCはFacebookおよびTwitter上で、『地獄のハイウェイ』40周年を1ヶ月に渡って祝うことを発表、その翌日には1979年にオランダのテレビ番組「Countdown」出演時にタイトル曲“Highway To Hell”をパフォーマンスした時の映像を投稿したということだ。


『地獄のハイウェイ』は1979年7月27日に発売され、1980年2月19日に亡くなったシンガーのボン・スコットが参加した最後の作品となった。彼の代わりにブライアン・ジョンソンが加入、1980年には『バック・イン・ブラック』が制作された。

また、往年のメンバーであるブライアン・ジョンソン、フィル・ラッド、クリフ・ウィリアムズがバンドへカム・バックするのではないかと報じられていたという。昨夏にはジョンソンとラッドがバンクーバーのレコーディング・スタジオ付近で目撃され、昨年の終わり頃にウィリアムズも同市で目撃されていた。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:7/18(木) 18:20
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事