ここから本文です

工場を借りて大麻を栽培 男3人を逮捕

7/18(木) 21:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 県警薬物銃器対策課と大磯署などは18日までに、大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで、平塚市馬入本町、アルバイトの男(42)=大麻取締法違反罪(所持、使用)などで起訴=を再逮捕し、小田原市南町3丁目、会社役員の男(42)と茅ケ崎市高田1丁目、会社役員の男(43)の両容疑者を逮捕した。

【写真】自宅で大麻草栽培容疑 営利目的で120本超、男を逮捕

 逮捕容疑は、共謀して6月13日午前0時25分ごろ、小田原市鬼柳の工場を借り、営利目的で大麻草2本を栽培した、としている。アルバイトの男はおおむね容疑を認め、他の2人は「大麻を栽培したことはない」と否認しているという。

 県警は同12、13日に平塚、茅ケ崎、小田原の各市の大麻栽培拠点を家宅捜索し、大麻草計234本(末端価格2340万円相当)を押収、大麻取締法違反(営利目的栽培)などの容疑でアルバイトの男を含む男女6人を逮捕していた。

神奈川新聞社

最終更新:7/18(木) 21:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事