ここから本文です

台風5号、きょう夜沖縄本島に最接近 警報級の大雨で気象台が警戒呼び掛け

7/18(木) 16:49配信

琉球新報

   大型の台風5号は18日午後3時現在、東シナ海に位置し、時速25キロで北へ進んでいる。今後発達しながら北上し、18日夕方から夜にかけて沖縄本島地方に最接近する見込みで、20日にかけて非常に激しい雨が降ることが予想される。警報級の大雨や落雷や竜巻の被害が出る恐れもあり、沖縄気象台が土砂災害などへの警戒を呼び掛けている。
  
  沖縄気象台によると、台風5号は中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心の周囲650キロが風速15メートル以上の強風域となっている。18日昼までに石垣島や宮古島など先島地方に最接近し、発達しながら北上している。先島地方に加え、本島中南部、北部の沖縄本島地方の各地で波浪警報が発令されている。
  
  19日午後3時には東シナ海上で、中心気圧985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速が23メートル、最大瞬間風速が35メートルになる恐れがある。
  
  台風周辺では雨雲が発達しており、沖縄地方は19日にかけて非常に強い風が吹き、沖縄本島地方と宮古島地方では20日にかけて強い風が吹く。先島地方では19日にかけて、本島地方では20日にかけて最大7メートルの波高になる見込み。【琉球新報電子版】 

琉球新報社

最終更新:7/18(木) 20:53
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事