ここから本文です

楽天の守護神・松井 完全復活「ここからフル回転」後半戦初登板で完璧締め

7/18(木) 8:30配信

デイリースポーツ

 「オリックス3-7楽天」(17日、京セラドーム大阪)

 守護神が完全復活だ。4点リードの九回に楽天・松井裕樹投手が後半戦初登板。先頭の大城、代打・マレーロを空振り三振に斬ると、最後は小島を左飛に取り、完璧な内容で試合を締めた。

 「時間を置いてもらって、休養ももらった。自分に良いように時間を使えた」と松井。前半戦を登板3試合連続黒星という形で終え、球宴出場の影響も考慮して、後半戦開始の2試合はベンチを外れて休養。その効果をマウンド上で示した。

 復調の要因は球宴中のキャッチボール。美馬から上半身の力みを指摘された。「上の力を抜いたらしっかりと指にかかった。打たれる中で抑えたい気持ちが出て力んでいた」。フォーム修正の一方で、ボールを一切握らない日も作り、心と体のリフレッシュに努めた。

 平石監督も「力みもなくボールもいっていた」と目を細める。「前半戦は力になれないところもあった。ここからフル回転していきたい」と話す左腕が巻き返しへ、新たなスタートを切った。

最終更新:7/18(木) 9:03
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事