ここから本文です

闇営業問題が山ちゃん波及 結婚ネタは鮮度が命なのに!スペシャル番組お蔵入り

7/18(木) 23:11配信

東スポWeb

 闇営業騒動が新婚・山ちゃん直撃! 先月5日に女優・蒼井優(33)との電撃結婚を発表した「南海キャンディーズ」山里亮太(42)が、自分の旬のネタに関しては“使いづらいタレント”になってしまったというのだ。結婚会見で見せた男気で世間の評価を急上昇させた山里。だが、直後に吉本芸人による反社会的勢力への闇営業問題が勃発。多くの芸人が謹慎処分を受けたことにより、山里の“新婚スペシャル企画”がお蔵入りする悲劇に見舞われている。

 2006年から「よしもとブサイクランキング」で3年連続1位となった山里と、人気女優・蒼井優との結婚は、近年まれに見る“衝撃婚”となった。

 ブサイク&非モテキャラとして知られた山里の“株”はうなぎ上り。先月5日に行われた結婚会見では“魔性の女”と呼ばれた蒼井について「そんな人間じゃない」「皆さんが思う魔性から発生する心配は一切ございません」と言い切り、毅然とした態度で蒼井の純粋な素顔を明かしたのだ。

 ネット上では、イメージと大きく違った男気ある山里の姿を大絶賛する声が噴出。著書も改めて注目され、芸人としての紆余曲折を書いた「天才はあきらめた」や、短編妄想小説集「あのコの夢を見たんです。」は結婚特需で増刷された。

 テレビのレギュラー番組が11本、ラジオ2本という超売れっ子タレントの山里。お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が「いい物件をつかまえた」と蒼井の“選球眼”を褒めたほどだが、出版界の盛り上がりに比べて、なぜかテレビ界は結婚ネタに及び腰だ。

 その証拠に、あれだけ話題になった山里の結婚にフォーカスしたスペシャル番組は放送されていない。

「蒼井とのなれ初めなどを語ってほしいですし、山里の結婚に絡めた企画は会議でさまざまなアイデアが出ました。それなのに、結婚した直後に吉本芸人たちによる反社会的勢力への闇営業問題が勃発。しかも、沈静化するどころかますます泥沼化し、多数の吉本芸人が謹慎処分となった。山里も同じ吉本芸人ですからね。“それどころじゃない”と、多くの企画が一時ストップするか、お蔵入りになってしまっている」(ある制作会社の関係者)

 確かに先月22日放送の「ひねくれ3」(テレビ東京系)、今月4日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)などレギュラー出演している番組では多少、結婚について話している。だが、山里にフォーカスした企画の特番はない。

「実は、バラエティー番組で、吉本芸人たちが人気女優をゲットした山里に総ツッコミを入れるベタな企画もあった」(テレビ関係者)そうだが、状況は大きく変わってしまった。

 前出の制作会社関係者は「視聴者から『そんなことをしている場合じゃないだろ!』と事務所や芸人、テレビ局へのバッシングが起きかねない」と肩を落としている。

 吉本興業は騒動を受け、コンプライアンス強化を実施。弁護士や警察OBなどのアドバイスも受けながら専門チームを結成し2000人規模で所属芸人との面談を実施している。さらに闇営業に参加した芸人が受け取ったギャラを公表。当初は「ノーギャラ」と主張していた「雨上がり決死隊」宮迫博之が100万円、「ロンドンブーツ1号2号」田村亮が50万円など生々しい金額が明かされた。騒動はまだ収束しそうにない。

「そんな状況だから山ちゃんのお祝い番組はやりづらい。仕方がないから、山ちゃんの特番企画は8月以降に、という話もありますが、こういう結婚ネタは鮮度が命です。数か月もたってしまえば、視聴者に“今さら感”が出てしまう。結婚企画はお蔵入りが既定路線でしょう」(前同)

 テレビ界から新婚山里への“ご祝儀特番”は、残念ながらないようだ。

最終更新:7/19(金) 12:06
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事