ここから本文です

米津玄師が「パプリカ」セルフカバーを制作、NHK「みんなのうた」に決定

7/18(木) 14:00配信

音楽ナタリー

米津玄師が歌う「パプリカ」が、NHK「みんなのうた」8、9月の楽曲に決定した。

「パプリカ」は米津が、“2020年とその先の未来に向かって頑張っているすべての人を応援するプロジェクト”「<NHK>2020応援ソング」のために書き下ろし、2018年7月に発表したナンバー。オーディションで選ばれた5人組の小学生ユニット・Foorinが歌唱し、辻本知彦と菅原小春がダンスの振り付けを担当した。NHK Eテレの多くの番組とのコラボレーションをはじめ、全国各地の子供たちと“パプリカダンス”を踊るイベントが開催されるなど、「パプリカ」は人気のキッズソングとして親しまれ、YouTubeで公開されている関連動画の総視聴回数は1億7000万回を突破した。

【写真】Foorin(Photo by Taro Mizutani)(メディアギャラリー他2件)

プロジェクトが2年目に突入することを機に、「パプリカ」の作詞、作曲、プロデュースを手がけた米津がセルフカバーを制作。映像は「パプリカ」のシングルジャケットを描いた加藤隆が手がける。楽曲は8月1日(木)10:55より、NHK総合「みんなのうた」にて初回放送される。

この発表と併せてFoorinの最新アーティスト写真が公開された。これまでの赤色をメインとした衣装から一転、5人はパプリカの黄色をメインカラーとした衣装を身にまとい、広大な青空と海をバックに元気な表情を見せている。なお撮影地は米津のアーティスト写真が撮影された海岸と同じ。

最終更新:7/18(木) 16:16
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事