ここから本文です

東芝メモリ、社名を「キオクシア」に変更 「上場企業への第一歩を踏み出す」

7/18(木) 20:54配信

ITmedia NEWS

 半導体メーカーの東芝メモリホールディングスは7月18日、10月1日付で社名を「キオクシアホールディングス」に変更すると発表した。同社は昨年6月、東芝が米Bain Capitalなど日米韓企業連合に過半数の株式を売却し、東芝の連結子会社ではなくなっていた。東芝メモリHDのステイシー・スミス会長は「将来、上場企業になるための第一歩を踏み出す」と述べた。

 新社名のキオクシア(Kioxia)は、日本語の「記憶」(kioku)とギリシャ語で「価値」(axia)を組み合わせた。同社は「フラッシュメモリ・SSD事業のリーディング企業として、新しい価値を創造し世界を変えていく存在を目指す」としている。

 東芝は東芝メモリを売却後に再出資し、現在も約40%の株式を保有している。だが東芝メモリは今回、社名から「東芝」を消し、名実ともに新たなスタートを切る。

ITmedia NEWS

最終更新:7/18(木) 20:54
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事