ここから本文です

スターダム・花月、中野たむ、一ノ瀬恋凪が大阪&後楽園2大ビッグマッチへ気合

7/18(木) 16:28配信

デイリースポーツ

 女子プロレス団体スターダムの花月、中野たむ、スターダム☆アイドルズの一ノ瀬恋凪が18日、都内のデイリースポーツに来社し、20日のエディオンアリーナ大阪大会と24日の後楽園ホール大会をPRした。

 大阪では中野が岩谷麻優、鹿島沙希とのSTARSトリオで保持するアーティスト・オブ・スターダム王座に花月がアンドラス宮城、夏すみれとの大江戸隊トリオで挑戦。大阪出身の花月は「大江戸隊を勢いづけるために、みんなでベルトを獲りたい。大阪はシビアなお客さんが多い。スターダムもしっかり戦いを見せられるのをアピールしたい」と地元凱旋試合に気合を入れた。

 迎え撃つ中野は今回が2度目の防衛戦で、4度防衛の同王座最多記録更新に意欲。「ここで負けるわけにはいかない。大阪では毎回花月コールがすごいですが、アウエーでもSTARSの力を見せつけて防衛したい」と意気込んだ。

 また、後楽園ではプロレスとアイドルを融合させたスターダム☆アイドルズが新曲「恋の3wayバトル」を披露する。売れっ子音楽プロデューサー、ヒャダインの作詞作曲で、三角関係の恋愛をテーマにプロレス用語をちりばめた楽曲となっている。メンバーの一ノ瀬は13日の大仁田厚デビュー45周年大会でプロレスデビューし、一方的に攻められて敗北。「いざ挑戦してみると、すごく悔しくて、ここで終わるのは嫌。もっと強くなって帰ってきたい」と次戦へさらなる精進を誓った。

 他に、大阪では王者の林下詩美にゾーイ・ルーカスが挑戦するSWA世界選手権試合、王者の葉月にAZMとDEATH山さん。が挑戦するハイスピード選手権3WAYマッチ、後楽園では王者の星輝ありさに葉月が挑戦するワンダー・オブ・スターダム選手権試合、王者ビー・プレストリーに渡辺桃が挑戦するワールド・オブ・スターダム選手権試合が行われる。

最終更新:7/18(木) 16:33
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事