ここから本文です

欅坂46・原田葵、活動再開後初のグラビア「カメラの前に立ったときは緊張しちゃいました」

7/18(木) 18:25配信

オリコン

 学業専念のため昨年5月から活動休止し、今月に活動を再開させた欅坂46の原田葵(19)が、8月10日発売の『blt graph.vol.46』で復帰後初のグラビアに登場した。

【全身ショット】透き通った透明感…白ワンピ姿でカメラを見つめる原田葵

 原田は今月5~7日に山梨・富士急ハイランド・コニファーフォレストで開催された野外ワンマンライブ『欅共和国2019』で、1年2ヶ月ぶりに復帰。「久しぶりにこんなにたくさんの人の前ですごく緊張しているんですけど、精一杯頑張るので一緒に盛り上がってください」とファンにあいさつした。

 原田は『B.L.T.』の増刊MOOK『graduation中学卒業』(2016年3月1日発売)で、自身初のソログラビアに挑戦していた。今回の久しぶりのグラビアについて「人生で初めてソログラビアを撮っていただいたのがB.L.T.編集部さんで、またこうやって欅坂46に戻ってきて初めてのグラビアを撮っていただけて、とてもうれしいです」とコメントを寄せた。

 今回はリスタートの意味も込め、ナチュラルな白いワンピースを着て、桟橋が長く続くロケーション映えのする海で撮影。「久しぶりにカメラの前に立ったときは緊張しちゃいましたが、すぐに楽しくなりました」と語った通り、撮影開始直後は少しぎこちなかったものの、 すぐに勘を取り戻し、 以前よりちょっとだけ大人に、そして美しくなった姿を見せた。

 インタビューは1万字での掲載を予定。活動休止から、再開となった「欅共和国2019」までの自身の状況、そして今現在の心境などを明かす。また、同号の表紙と巻頭グラビアには、同じく活動を再開したばかりの乃木坂46・山下美月が務め、巻頭と巻末でメモリアルな“W復帰グラビア”となる。

最終更新:7/24(水) 6:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事