ここから本文です

1人暮らし2人暮らしなど世帯別の光熱費の平均は?相場と節約術

7/18(木) 7:30配信

Sodan[ソダン]

光熱費の節約方法に頭を悩ませている方、多数いらっしゃるのではないでしょうか?「わが家は光熱費を使いすぎ?」「世間では、光熱費にいくらかかっているの?」今回は、私たちの生活と切っても切り離せない関係にある「光熱費」についてお話しいたします。

■電気・ガス・水道の世帯別の平均

一般家庭における光熱費の平均額は、いったいどれくらいだと思いますか?

以下に、それぞれの平均費用をあげてみました。水道代は2ヵ月に1度の請求となるので、単純に割ってひと月分の使用料金を出したうえで、平均月額光熱費を算出してみましょう。

【1人暮らし世帯】

・電気:2,000円/月~5,000円/月
・ガス:2,000円/月~3,500円/月
・水道:3,000円/月~5,000円/2ヵ月
=5,500円/月~11,000円/月

【2人暮らし世帯】

・電気:8,000円/月~12,000円/月
・ガス:4,500円/月~6,000円/月
・水道:4,000円/月~6,000円/2ヵ月
=14,500円/月~21,000円/月

【3人以上のファミリー世帯】

・電気:10,000円/月~13,000円/月
・ガス:5,500円/月~8,000円/月
・水道:6,000円/月~8,000円/2ヵ月
=18,500円/月~25,000円/月

※オール電化の方は電気代が約2倍になり、代わりにガス代がなくなります。(併用の方はガス代も発生しますが、基本料金のみで済むことがほとんどです。)

いかがでしょうか?自分の家の請求書と見比べてみて、高いですか?安いですか?高い!という方は、光熱費の簡単な節約方法を後述いたしますので、ぜひご覧ください。

■FPから見た光熱費の適正(推奨)料金

適切な光熱費とは、いったいどれくらいなのか?気になるところですよね。私たちFP(ファイナンシャルプランナー)が推奨する水道光熱費は、電力をたくさん消費する夏・冬も含めて「月収の5%~6%」です。一人暮らしの方は、なるべく5%以内に収めましょう。たとえば、月収20万円をもらっている一人暮らしの方の場合、光熱費のトータルが10,000円以内になるようにすることをおすすめします。ぜひ、ご自身の適正金額をお確かめください。

1/2ページ

最終更新:7/18(木) 7:30
Sodan[ソダン]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事