ここから本文です

デ・ヨングの才能はアルトゥール越え!周囲を驚かすクオリティを発揮

7/18(木) 11:00配信

SPORT.es

グリーズマンは素晴らしい選手だが、それは既に皆が知っていることだ。しかし、デ・ヨングはバルサ最初のトレーニングで関係者らを驚かせた。今年1月にバルサへの移籍が決まった際にも大きな話題にはならなかったが、加入後数日でバルサのコーチらはデ・ヨングを賞賛している。シーズン会と同時にエルネスト・バルベルデに無くてはならない選手になるだろう。

デ・ヨングは「チャビとイニエスタの融合」オランダで輝く元バルサMFが語る

バルサのスカウトマンたちはここ2年間デ・ヨングを常に観察してきた。最終的に強化部門はこの選手を“最後の最後まで粘ってでも手に入れるべき選手”と評価した。デ・ヨングはほかの選手とは異なる異彩を放っていたのだ。

この為バルサはオファー金額を上方修正するなど、この選手を獲得するために努力を惜しまなかった。デ・リフトも魅力的な選手だったが、将来の伸びしろはデ・ヨングのほうが大きいと考えた。結果、バルサ加入直後からデ・ヨングのクオリティはバルサの面々に大きなインパクトを与えた。

最も驚くべきことは最初の練習からいとも簡単に素早くボールを操っていることだ。
デ・ヨングの足に2秒間以上ボールがとどまることは無く、アルトゥールですらこれほどのスピードを持っていない。デ・ヨングは天性の才能を持って驚くほど明快にボールを動かしている。彼の加入がバルサの攻撃のリズムを高めることは疑いが無い。

バルサのスカウトマンたちによるレポートではデ・ヨングのプレーの完璧さが強調されている。エールディヴィジやチャンピオンズでのパス成功率は90%を超えているが、これはあり得ないほど見事な数値だ。デ・ヨングはすべてをいとも簡単に、そして正確にやってのけるが、これこそがチームの大きな助けとなる。

コーチらはデ・ヨングがバルサのプレーやリーガのスタイルに慣れるまでサポートするが、最も重要なのはフィジカル面の強化だ。そしてまた守備的なポジションについていた時代の癖を取らなければならない。しかしこれらはすぐに解決できる問題だ。

監督バルベルデがこの選手をスタメン起用するのは間違いがない。まずはMFとして右か左に配置することで徐々に慣らすと思われるが、将来的にはより攻撃的なポジションで使うだろう。

SPORT.es

最終更新:7/18(木) 11:00
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事