ここから本文です

職員の財布から現金4万盗む 富山大男性助教 諭旨解雇/富山

7/18(木) 20:04配信

チューリップテレビ

 今年4月、大学の研究室で、職員のかばんや財布から現金4万円を盗んだとして富山大学は男性助教を18日付けで、退職を勧告する「諭旨解雇」処分としました。

 「諭旨解雇」処分とされたのは富山大学大学院・医学薬学研究部の男性助教です。
 富山大学によりますと男性助教は今年4月上旬から中旬にかけて、研究室内で職員4人のかばんや財布からあわせて4万円を盗んだということです。
 被害にあった職員が上司に相談し、立て続けに被害者が出たことから、大学が関係者に聞き取り調査を実施したところ男性助教が「私が盗みました」と認めたということです。
 被害にあった4人の職員は男性助教の処分を望んでおらず被害届は出していないということです。
 助教の解雇処分をうけて、富山大学の斉藤滋学長は「今回の事態を真摯に受け止め再発防止に努める所存です」とコメントしています。

チューリップテレビ

最終更新:7/18(木) 20:04
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事