ここから本文です

7割の「おひとりさま老後生活」は苦しい!? 加速する長い老後・低収入・低年金という三重苦

7/18(木) 12:00配信

LIMO

一人暮らしをするいわば「お一人さま老後」が増えているようです。そのことは生涯結婚をしたことの無い「生涯独身者」が増えている数字からも現象として表れています。男女で見ますと2015年の国勢調査の未婚率によれば男性は23.37%の独身なのに対し、女性は14.06%となっています(生涯未婚率とは50歳までに一度も結婚したことのない男女)。

この記事の写真を見る

■ 男性の4人に1人、女性の7人に1人が生涯独身者

男性は4人に1人が独身者で女性は7人に1人が生涯一度も結婚をしたことがない割合になります。とかく独身男性には蛆が湧き女性が一人になると花が咲くとも言われております。例えば結婚したとしても長寿化が進む現在ではどちらかが先立に亡くなるので、女性のお一人さまになるケースを表した言葉と言えるかもしれません。

ところが最近は、お一人さま高齢者が増え続けており、貧困や孤立や認知症などといった問題を抱える人が出始めており、中には万引といった犯罪を繰り返すケースが目立って増えているとテレビなのでも報道されております。

とりわけ女性は男性よりも長生きするのが一般的ですので、一人暮らしの数も男性の2倍とも言われております。また頼れる家族もいない一人暮らしの高齢女性は加齢から介護なども受けられず、孤立に耐えられず再び罪を犯す高齢女性が増えているのです。

■ 老人の三大不安は「お金」「健康」「孤独」

老後の三大不安はお金と健康と孤独だと言われております。これは老人であれば男女にそれほど違いは無いと思いますが、特に深刻なのが女性のお一人さまで中でも不安なのは「お金」と言われております。男性ほどは生涯賃金が高くないですし男性と比べても年金なども低いケースが多いからです。

それに男性よりも女性の方が平均寿命が長いので老後の費用は男性よりも余計にかかるのです。2015年の国勢調査データを見ると、65歳以上で配偶者がいない男性は約2割なのに対し、女性は約5割ですので比率は倍以上となります。

この数字からも女性の場合は結婚をしていても未婚の場合でも、お一人さま時間が長いので、女性ほど真剣に老後資金づくりに励むといった老後への資金準備をしておくことが大切になります。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 22:25
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事