ここから本文です

無印で買える!キッチンがすっきりするワイヤーバスケット

7/18(木) 21:15配信

All About

◆無印良品のワイヤーバスケットを使った収納実例を紹介!

雑誌のインテリア特集・収納特集でよく見かける、無印良品の18‐8ワイヤーバスケット。

こういった収納の道具はシェルフの中で使われることが多い、いわば裏方さんですが、このワイヤーバスケットのスタイリッシュな雰囲気は、むしろ外に出して楽しみたいくらいだと思っている人も多いはず。

ここでは、無印良品のワイヤーバスケット(幅37×奥行26cm:雑誌や新聞、A4サイズのノートなどがいい具合に納まる大きさ)を使って、リビングやテーブルの上をスッキリ片付けるアイデアをご紹介します。

◆ソファの横で使うなら、マガジンラック&一時置きに

無印良品の18‐8ワイヤーバスケットは、持ち手を内側に倒すと、その上にもうひとつバスケットを積み重ねられます。この積み重ねる機能を使うと、ソファやチェアの横に、使いやすい収納が作れます。

たとえば、深いサイズ(高さ24cm)と、浅いサイズ(8cm)を組み合わせ。深いほうには読みかけの雑誌や、おやつの袋を。カゴ全体をみっちり使うのではなく、ある程度余裕を持たせて使うのが理想です。

浅いほうには読み終わったけどまだ捨てたくない雑誌などを入れ、この上に深いサイズのバスケットを重ねます。重ねるバスケットの深さで全体的な高さの調整ができるので、何cm底上げされると使いやすいか、実際に測ってから購入すると良いでしょう。

◆100均のクリップボードと組み合わせてリモコン置き場に

無印良品の18‐8ワイヤーバスケットは、一部店舗では入手困難なほどの人気ですが、ある程度在庫に余裕があるのが、深さ8cmのタイプです。リビングで使うなら、この8cmがオススメ。浅くて圧迫感がないから、邪魔に感じません。

リビングはできるだけスッキリさせて、生活感のあるアイテム、たとえば新聞やチラシ、リモコンなどは隠したいですよね。これらはバスケットの中を定位置にしましょう。バスケットの持ち手を内側に倒し、その上に、100均で買えるA4サイズのクリップボードを置きます。

ただし、ボードの長さが31cmの場合、持ち手の端までボードを寄せきってしまうと、もう片側の持ち手からボードが落ちてしまう可能性があるため、ボードの裏に滑り止めを貼っておくことをオススメします。

1/2ページ

最終更新:7/18(木) 21:15
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事