ここから本文です

『イエスタデイ』エド・シーラン登場の予告&日本オリジナルポスター解禁

7/18(木) 17:25配信

クランクイン!

 アカデミー賞監督ダニー・ボイルの最新作『イエスタデイ』より、予告映像と日本限定オリジナルのポスタービジュアルが解禁。予告映像では、歌手のエド・シーランが本人役で登場する。

【写真】本人役で出演する「エド・シーラン」フォトギャラリー


 映画『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門を受賞したダニー・ボイル監督と、『ラブ・アクチュアリー』『ノッティングヒルの恋人』などのロマンティック・コメディで知られる脚本家リチャード・カーティスがタッグを組んだ本作。「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」というユニークな設定のもと、音楽、夢、友情が数々のビートルズの名曲に彩られて描かれる。

 予告映像は、突然世界中が停電になったあと、売れないミュージシャンのジャック(ヒメーシュ・パテル)が交通事故に遭う場面から始まる。目覚めたジャックは友達や家族、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)の前で、ザ・ビートルズの「イエスタデイ」「レット・イット・ビー」を披露するが、感動しながらも「誰の曲?」と、誰もザ・ビートルズを知らない世界であることに困惑する。その後、彼のオリジナルソングとして発表されたザ・ビートルズの楽曲は、有名音楽プロデューサー(ケイト・マッキノン)の目に留まることに。

 世界から注目されるミュージシャンとなったジャックだが、エリーから「住む世界が違う」と告げられ、2人の関係にずれが生じ始める。映像が進むにつれ、ザ・ビートルズのような大きな存在になっていくジャックの姿が、ザ・ビートルズの名曲の数々とともに登場し、ラストでは、本人役で出演するエド・シーランが、ジャックの友人からディスられるコミカルな掛け合いも映し出されている。

 本ポスタービジュアルは日本のみに特別にアプルーバルが下りた日本限定オリジナルデザイン。誰もが1度は見たことのある、彼らが歩いた“あの”ロードを歩く対照的な表情のジャックとエリーの姿が映し出されている。その上部には「昨日まで、世界中の誰しもが知っていたビートルズ。今日、僕以外の誰も知らない。」と印象的なコピーが配置されたビジュアルとなった。

 映画『イエスタデイ』は10月11日より全国公開。

最終更新:7/18(木) 17:25
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事