ここから本文です

“ミッチー以外考えられない”『引っ越し大名!』及川光博が演じる麗しの殿がハマり役

7/18(木) 18:00配信

クランクイン!

 俳優の星野源が主演を務め、共演に高橋一生と高畑充希を迎える映画『引っ越し大名!』。原作者から熱烈なオファーを受けて、及川光博が演じた実在の大名・松平直矩(なおのり)が、犬童一心監督から「まさに殿様キャラの頂点」と絶賛されている。

【写真】及川光博の麗しい殿役に注目! 紫色の着物姿も『引っ越し大名!』フォトギャラリー


 本作は、映画『のぼうの城』を手がけた犬童監督が、土橋章宏の時代小説『引っ越し大名三千里』(ハルキ文庫刊)を実写化。参勤交代をはるかに上回る費用と労力のかかる国替え(引っ越し)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩のエピソードを基に、姫路藩の藩士たちがお国の一大事を救うために奮闘する様を描く。

 星野は、周囲から「かたつむり」と呼ばれ、読書好きな書庫番で引っ越し奉行に任命される引きこもり侍・片桐春之介役。春之介の幼なじみであり武芸の達人・鷹村源右衛門を高橋、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を高畑が務める。

 及川演じる松平直矩は、少しの悲哀を感じさせながらも、どこか飄々としているキャラクター。本作では向井理演じる江戸幕府小納戸役・柳沢吉保とのある出来事がきっかけで彼の恨みを買ってしまい、国替えを命じられる。しかし当の本人は恨みを買っていたことに気づかないなど少々鈍感なところもある憎めない人物だ。

 映画化にあたり、「殿は美しくてはならない!」と直矩のキャスティングに及川の起用を希望していたのが原作・脚本の土橋。「直矩の気品、色っぽさは及川さんしかいない!と最初から思って書いていました。及川さんに演じてもらえて本当に嬉しく思っています」と熱烈オファーの末に実現したキャスティングだったことを明かした。

 さらに、犬童監督も自身のツイッターで「めっちゃおおらかで、ナイーブな直矩は、世界で、ミッチー以外考えられない楽しいキャラになりました。まさに殿様キャラの頂点。好き」と及川の演技に太鼓判を押している。

 また、歌手としても活躍する及川が、現在行っているワンマンショーツアー「PURPLE DIAMOND」は、ツアー名の通り紫色がテーマカラーとなっているが、今作でも及川は紫色の着物を着用。ワンマンショーとはまた異なる、和装で髷(まげ)を結った及川の麗しい殿様姿も要注目だ。

 映画『引っ越し大名!』は8月30日より全国公開。

最終更新:7/18(木) 18:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事