ここから本文です

映画『HiGH&LOW THE WORST』新たな劇中歌4曲が初解禁

7/18(木) 12:35配信

Billboard Japan

 2019年10月4日より全国公開する映画『HiGH&LOW THE WORST』の劇中歌10曲のうち4曲が、7月17日に初回放送を迎えたTVドラマ『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O』で初披露された。

その他画像

 映画『HiGH&LOW THE WORST』は、男たちの友情と熱き闘いをメディアミックスで描く『HiGH&LOW』シリーズと、不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』(原作・高橋ヒロシ)がクロスオーバーした作品だ。そのTVドラマ『~EPISODE.O』は、映画公開に先駆けて放送される映画の序章で、鳴り物入りで入学した高城司(吉野北人)の視点による“鬼邪高校戦国時代”と、後に鬼邪高全体を揺がす存在となる花岡楓士雄(川村壱馬)の成長を描いている。ここでは、初公開されたばかりの4曲を紹介する。

 まず1曲目は、轟(前田公輝)のテーマとして起用されているEXILE THE SECONDの「Ain’t Afraid To Die」だ。鬼邪高全日制のトップの強さを誇る轟は、静かに本を読み過ごすなど、クールで秀才な一面も見せるが、一度火が付くと獰猛な瞳で立ち向かってくるかのような、彼のイメージとピタリと重なる内なる闘志を感じるクールな楽曲に仕上がっている。

 2曲目は、中・中一派のテーマとして起用されているSWAYの「ON FIRE」。中・中一派は中越(神尾楓珠)と中岡(中島健)の二人が「中」にちなんで名乗りを上げるが、ドラマの中ではまだ一年である中越が一人で登場し、ドアを軽々と蹴破るや否や睨みをきかせ学年を仕切ると宣言。彼らのファイトスタイルは未だベールに包まれているが、ヒップホップ風な外見にもマッチした、とことんアガる楽曲となっている。

 そして3曲目は、泰・清一派のテーマとして起用されているDOBERMAN INFINITYの「まだ足りねぇ」。鬼邪高の戦国時代は、狂気の2人組・泰志(佐藤流司)と清史(うえきやサトシ)が転入してくることで、ますます加速の一途をたどる。「ヤバそうな雰囲気」をブンブンにまとい不気味な笑みを浮かべるこの2人の姿は、<まだ足りねぇ! まだ足りねぇ!>と、楽曲の歌詞をそのまま連呼するかのよう。強者揃いの鬼邪高の戦いをさらに過熱しまくる力強い楽曲だ。

 最後に4曲目は映画のバトルシーンの楽曲として起用されているTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの「FIRED UP」。親友・花岡楓士雄(川村壱馬)が転校し、鳴りを潜めている高城司(吉野北人)は、よくたむろしている屋上で中越一派に遭遇し、喧嘩を吹っかけられるが、相手を全員無傷で倒してしまう司の姿はスタイリッシュ。楽曲のイメージとぴったりのシーンで使用されている。

 映画特報内で解禁されているTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの「SWAG&PRIDE」は、劇中で『HiGH&LOW』の鬼邪高と『クローズ』『WORST』鳳仙学園の決戦で起用され、ドラマではオープニングテーマとしても起用されている。

※原作・高橋ヒロシの「高」ははしごだか


◎公開情報
『HiGH&LOW THE WORST』
2019年10月4日(金)より、全国ロードショー
企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:久保茂昭
脚本:高橋ヒロシ/ 平沼紀久、増本庄一郎、渡辺啓
配給:松竹
(C)2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会(C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

◎番組情報
『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O』
毎週水曜24:59~、日本テレビ系列局で放送
Hulu、dTVで各話放送直後より見逃し配信あり

最終更新:7/18(木) 12:35
Billboard Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事