ここから本文です

夏はタイヤバーストに注意? 2014年製タイヤの破裂が増加している理由とは

7/18(木) 7:10配信

くるまのニュース

バースト多発!? 2014年製タイヤにご注意を

 近年、バースト(破裂)を含むタイヤのパンクに関するトラブルが増えています。JAFがタイヤのパンクで出動した件数を見ても、直近の約10年間での出動件数は年々増えていて、2017年には40万件近くにまで増加している状況です。

こうなったらタイヤ破裂前の危険信号!画像でチェック(11枚)

 そして、2019年に入って増えているのが2014年製のタイヤによる高速道路でのバースト事故です。なぜ、2014年製のタイヤがよく破裂するのでしょうか。

 走行中のタイヤの破裂は、決して珍しい事故ではありません。筆者(加藤久美子)の友人のMさんも、先日首都高を走っているときにバーストを体験しました。

 運ばれたタイヤ店で「バーストですね。もしかしてタイヤは2014年から換えていませんか?」といわれたそうですが、まさにMさんのクルマは2014年に新車で買った日産「セレナ」(走行距離2万5000km。タイヤは新車時のまま)だったので驚いたそうです。

 お店の人の話では「とくに2019年のゴールデンウィーク(以下、GW)以降、2014年からタイヤを換えていないクルマのバーストが多発している」とのこと。

 その後、筆者がタイヤ店に取材をおこなったところ、担当者は次のようにいいます。

「首都高でタイヤがバーストして、当店に運ばれて来るクルマが急増しています。2019年のGWでは1日1件以上、毎日のようにバーストのトラブルがあり、ほとんどが2014年製でした。

 おそらく近年の猛暑などの影響もあり、タイヤの劣化が予想以上に進んだのではないでしょうか。どのクルマにおいても、バーストしたタイヤ以外にもだいたい亀裂がありました」

 タイヤがバーストをする瞬間とはどのような状態なのでしょうか。Mさんは、破裂した瞬間の様子を次のように話します。

「その日は小雨が降っていて、一番左の走行車線をスピードを落として走っていました。すると、突然『ガタガタガタガタ』と音がして、まるで大きな砂利の上を走っているかのような揺れ方をしたんです。振動も音もすごかったです。

 小学生の息子が『道がガタガタすぎない』といい、『そうね、工事でもしてるのかな?』と答えてバックミラーを見ると、なんと黒く丸いものが、転がっていくのが見えました。

『大変、タイヤが外れちゃった』と思い、すぐ先に非常駐車帯が見えたので、ハザードを出してクルマを寄せました。

 その後、首都高パトロール隊が来て、『タイヤとキャップは外れて車道左にありますから、後ほど回収します。左後ろのタイヤがバーストしているので、走るのは無理ですね』と告げられ、そこでタイヤがバーストしたことを初めて教えられました。

 びっくりしましたが、あとでお店の人から『損傷がタイヤだけで非常にラッキーです。急ブレーキを踏んで、中央分離帯に激突してしまう場合もあります』と教えられ、安堵したところです」

1/2ページ

最終更新:7/19(金) 22:10
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事