ここから本文です

移り変わるF1の世界。故チャーリーを偲びながら、変わりゆく未来を語る

7/18(木) 11:36配信

オートスポーツweb

 イギリスGPのレースウィーク木曜日の夕方、旧パドックに仮設された巨大な会場にはF1パドックの中高年層のチームスタッフやオーガーナイザー、オフィシャル、元F1ドライバー、現役F1ドライバー、チャンピオンたち、プレス関係者などカテゴリーを超えて多くの人間が一堂に会した。

 その理由は、今シーズンの開幕直前に逝去したFIAダイレクター、チャーリー・ホワイティングのメモリアルセレモニーが行われたためだ。

 マーティン・ブランドルの進行で、FIAのジャン・トッド、F1のロス・ブラウン、セバスチャン・ベッテルと順にチャーリーへの別れの挨拶をしていく流れだったが、そのベッテルの言葉には目頭を滲ませる者も多かった。

 さらに、会場にはメカニックやエンジニアも多数参加していて、各チームの首脳も顔を揃え、チャーリーを偲んでそれぞれが色々な思い出話しに花が咲いた。ここでいまなお第一線で活躍するエンジニアやチームのマネージャーらと話をしたが、誰もが今後を危惧していた。

 チーム同志のまとまり、F1のこれから、レギュレーションや興業への心配等の話しが尽きることはなかった。そんななか、ひとりの現役エンジニアがひと言が印象に残る。「End of era.(時代の終わり)かもしれないね、F1の」とつぶやいたのだ。

 時代が移り変わり、F1も変わっていく。

「ニキ・ラウダ、チャーリーが逝って、F1は新しい人達による新しい時代に入るってことかもしれないね」と、高年齢層は皆うなずいて言葉を詰まらせていた。



[オートスポーツweb ]

最終更新:7/18(木) 11:37
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事