ここから本文です

ドジョウかばやき好評

7/18(木) 15:04配信

北國新聞社

 18日の石川県内は日本海沿岸まで北上した梅雨前線の影響で激しい雨が降る時間帯があり、正午までの最高気温は金沢28・3度、輪島27・9度となった。金沢市の近江町市場では夏の味覚であるドジョウのかば焼きが売れ行きを伸ばし、蒸し暑さを乗り切る精力をつけようと数十本をまとめ買いする客もみられた。

 近江町市場でウナギなどを専門に扱う「みやむら」では、店員が国産天然ドジョウや養殖物をくしに刺し、たれをつけて次々と焼き上げた。新盆ごろから需要が増えて千本以上売れる日もあり、暑さが本格化する旧盆にかけてピークを迎えるという。

 金沢地方気象台によると19日も日本海に停滞する梅雨前線の影響で暖かく湿った空気が流れ込み、県内は雷雨となる見込み。最高気温は金沢26度、輪島27度を予想している。同気象台では県内全域に雷注意報を発令して、注意を呼び掛けている。

 JR西日本金沢支社によると、北陸線は18日、滋賀県内の大雨でダイヤが乱れ、京都・大阪方面の特急サンダーバード8本に最大で47分の遅れが生じ、約2千人に影響が出た。

北國新聞社

最終更新:7/18(木) 15:04
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事