ここから本文です

バルサ生活スタートに高揚感…グリエーズマンが語るメッシ「30年に1度の逸材」

7/18(木) 11:04配信

ゲキサカ

 フランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマンはバルセロナ加入後の日々を楽しんでいる。スペイン『マルカ』が伝えた。

 2014年7月にソシエダからアトレティコに加入したグリエーズマンは公式戦257試合で133ゴールを記録。2017-18シーズンはヨーロッパリーグ制覇に大きく貢献したが、昨季限りで退団を発表。今月12日に契約解除金1億2000万ユーロ(約145億8100万円)でバルセロナに加入した。

 グリエーズマンは新シーズンに向けて、『バルサTV』で「ご存知のように、僕はピッチ上ですべてを捧げるタイプの人間さ」と抱負を語っている。

「ピッチ内でもピッチ外でも楽しむつもりだ。それこそ僕がここに来た理由さ。どういう形であれ、チームの助けになりたい。新しいファンの前でプレーすることが今から待ちきれないよ」

 また、チームメイトとなったメッシについても言及した。「メッシはサッカー界のナンバーワンだ。バスケットボールにおけるレブロン・ジェイムスのようにね。レブロンはバスケットボールやNBAの”顔”だ。ちょうどメッシがサッカーの”顔”であるように。2人とも他の選手とは異なった存在だ。30年に1度きりの逸材だよ」

 今夏来日するバルセロナは23日にチェルシー、27日にヴィッセル神戸と対戦する。

最終更新:7/18(木) 11:04
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事