ここから本文です

絶不調名古屋に更なる試練…“中盤の核”MF米本拓司が3か月離脱の大怪我

7/18(木) 16:38配信

ゲキサカ

 泥沼の連敗地獄にいる名古屋グランパスに更なる試練だ。18日、MF米本拓司が右肘関節脱臼および肘関節側副靭帯損傷と診断されたことを発表。全治は約3か月の見込み。17日の練習中に負傷した。

 米本は今季よりFC東京から加入。ボランチの一角として、序盤の快進撃を支えた。しかし開幕直後は好調だったチームも、ここに来てリーグ4連敗、公式戦で数えると6連敗と大失速。そして中盤の守備を支える米本の離脱で、最悪と言っていい状況に追いやられた。

最終更新:7/18(木) 16:39
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事