ここから本文です

久保建英との“日韓対決”の行方は?バレンシアの18歳MFイ・ガンインが爆弾発言

7/18(木) 21:50配信

ゲキサカ

 バレンシアに所属する韓国人の18歳MFイ・ガンインがクラブを去りたいとの意向を伝えたようだ。スペイン『スーペル・デポルテ』は「イ・ガンインが爆弾発言をした」として同選手の移籍希望を報じている。

 イ・ガンインは2011年にバレンシアの下部組織に入団し、昨年10月のコパ・デル・レイで韓国人選手として歴代最年少の17歳327日で欧州デビューを果たした。今年1月にはトップチームに正式登録。しかし、満足な出場時間を得られずにシーズンを終えた。

 同メディアによると、バレンシアはイ・ガンインを将来の主力選手として期待し、8000万ユーロ(約97億円)という高額な違約金を設定。一方でイ・ガンインは出場機会を求め、他クラブからのオファーにバレンシア側が応じるよう望んでいる模様だ。

 U-20W杯で韓国を準優勝に導き、2ゴール4アシストの活躍で大会MVPに輝いたイ・ガンインには、オランダのアヤックスをはじめ、レバンテ、エスパニョール、グラナダ、オサスナといったスペインのクラブも熱視線を送っているという。

 日本代表MF久保建英のレアル・マドリー加入により、リーガ・エスパニョーラでの“日韓ニュースター対決”にも注目が集まっていたが、今季は実現しない可能性も出てきた。

最終更新:7/18(木) 22:49
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事