ここから本文です

エボラ出血熱、WHOが緊急事態を宣言-コンゴ外に流行拡大の恐れ

7/18(木) 4:03配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 世界保健機関(WHO)はエボラ出血熱の新たな感染がコンゴ民主共和国の主要都市ゴマで確認されたことを受け、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を宣言した。

テドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は17日、エボラウイルスの感染がコンゴ国外に拡大する恐れがあるとWHOは懸念していると述べた。

7月9日付のWHO報告書によると、コンゴでは2018年8月からエボラ出血熱の拡大が始まり、これまでに2300人余りが感染、1500人余りが死亡している。今年6月初めには隣国ウガンダででも複数の感染が確認された。今回感染が確認されたコンゴの都市ゴマは、隣国ルワンダに接しており、感染が域内全体に拡大する恐れがあると懸念が強まっている。

原題:Congo Ebola Outbreak Is Declared a Global Health Emergency (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Myah Ward

最終更新:7/18(木) 4:03
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事